Today: 3053  Yesterday: 2912  Total: 17546585

Archives for トピック - Page 53

大阪市、精華小劇場(難波)の平成16年度からの暫定使用開始を固める

産経新聞大阪本社版1月4日付夕刊によると、大阪市は元・精華小学校体育館(難波)を劇場にする精華小劇場事業(2002/6/19付本欄既報)のため、平成15年度予算に照明、音響、冷暖房設備などの費用を盛り込み、平成16年度か ...
Continue Reading »

劇団協議会機関誌『join』で関西劇場事情の検証座談会

12月30日発行の社団法人日本劇団協議会機関誌『Join』39号が、第2特集で「どうなる!?関西劇場事情」と題した検証座談会を掲載した。18ページに及ぶもので、関西の劇場閉鎖問題を取り上げたものでは、fringeが知る限 ...
Continue Reading »

こまばアゴラ劇場、2003年度から全公演を劇場プロデュースとして劇場費無料に!

12月17日、有限会社アゴラ企画/こまばアゴラ劇場(東京・駒場)は2003年4月21日から従来の貸館制度を廃止し、同劇場で行なわれる全公演を「こまばアゴラ劇場プロデュース」として劇場主催にし、劇場費を無料にすることを発表 ...
Continue Reading »

芸能法人にかかる芸能報酬等の源泉徴収制度撤廃、実現の方向へ

現在、法人に対する支払いで源泉徴収されているのは芸能法人と馬主だけである。全業種の中でこの二つだけが源泉徴収されており、芸能法人が免除されるためには、税務署から交付された源泉徴収免除証明書を提示する必要があった。 これは ...
Continue Reading »

閉館が続く関西小劇場界で制作者に期待すること

劇場閉館について、いま私が訴えたいことはテーマ「劇場がなくなること=演劇がなくなることではない」ですべて書きました。まずこれをお読みください。 劇場がなくなること=演劇がなくなることではない その上で、わかりやすい例え話 ...
Continue Reading »

劇場がなくなること=演劇がなくなることではない

今年は民間劇場の閉館のニュースが相次いだ。2月の大阪・スペースゼロ(4月閉館)に始まり、3月の東京グローブ座(7月閉館)と扇町ミュージアムスクエア(2003年3月閉館)、6月の近鉄劇場・近鉄小劇場(2004年1月閉館)、 ...
Continue Reading »

文化庁芸術拠点形成事業全19施設判明、やはり民間劇場は不採択

かねてよりお伝えしている文化庁芸術拠点形成事業の採択先全19施設が判明した。fringe読者より、文化庁文化部芸術文化課の報道発表資料に掲載されている一覧の提供があったもの。感謝したい。劇場名の表記は、文化庁資料のままで ...
Continue Reading »

関西小劇場界の劇作家・演出家6名が「大阪のど真ん中に小劇場を取り戻す会」結成

産経新聞大阪本社版8月30日付夕刊が伝えたところによると、岩崎正裕、鈴江俊郎、土田英生、内藤裕敬、深津篤史、松田正隆の各氏が「大阪のど真ん中に小劇場を取り戻す会」を結成し、具体的な劇場探しに乗り出すという。8月31日に扇 ...
Continue Reading »

大阪市が文化集客アクションプランを策定

大阪市ゆとりとみどり振興局は、これまでのハード整備中心の施策展開からソフト施策中心のまちづくりへと重点を移した文化集客アクションプランを策定し、サイトで公開を始めた。今後5か年の重点施策と事業をまとめている。 芸術創造環 ...
Continue Reading »

ザ・スズナリで上演中に停電事故、懐中電灯8本で上演続行!

6月2日、ザ・スズナリ(東京・下北沢)で上演中のT factory『アーカイヴス』マチネで、停電事故が発生した。 作・演出の川村毅氏がT factoryサイトで連載している日記「彷徨亭日乗」によると、14時からのマチネの ...
Continue Reading »

扇町ミュージアムスクエア閉館と劇場稼働率の問題

2002年末をもって大阪の扇町ミュージアムスクエア(OMS)が閉館する。関西小劇場のメッカと言われた施設が消えることは大きな衝撃だが、元々は大阪ガスの遊休不動産活用事業であり、90年代前半からは事あるごとに閉館の噂を耳に ...
Continue Reading »

伊丹AI・HALLが7年間の事業を総括したアウトリーチ報告書を発行

財団法人伊丹市文化振興財団が運営するAI・HALL(伊丹市立演劇ホール、兵庫県伊丹市)では、同ホールが1995年度から重点的に取り組んでいるアウトリーチ事業をまとめた報告書「AI・HALL ACTIVITIES REPO ...
Continue Reading »

南河内万歳一座を支え続けた制作チーフ・松下安良氏が休団

南河内万歳一座(本拠地・大阪市)で役者と制作を兼務し、同カンパニーの公演活動を長らく取り仕切ってきた制作チーフの松下安良氏が、今年2月に休団したことがわかった。 同カンパニーをマネジメントする奈良歩氏(On The Ru ...
Continue Reading »

ロリータ男爵、次回公演でブルーバック合成によるDVD化に挑戦

財団法人デジタルコンテンツ協会が募集していた平成13年度クリエイター支援型コンテンツ制作事業「エンハンスドシアター」部門。ロリータ男爵、ナイロン100℃、維新派、今野裕一氏のダンスコンテンツ等4プロジェクトの採択が10月 ...
Continue Reading »