fringeスケジューラ


Today: 3090  Yesterday: 3269  Total: 17460452

制作者向けの注目イベントを締切順・開催順に並べました。流れていく情報をキャッチアップする場にしてください。
内容・日付は必ず公式サイトでご確認ください。締切は先着順の場合があります。
:配信あり :無料開催 :本拠地不問 :パブリックコメント、アンケート

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet Follow @fringejp

開催
情報
申込
締切
その他

決定順
予算1,500万円に達しだい終了

文化庁「令和6年度ハラスメント防止対策支援事業」

対象が20人以上から10人以上に。集合研修の会場借料も対象に。4/1~25年3/14に完結する取組に経費の1/2、上限20万円補助。
予算に達しだい終了

アーツカウンシル東京「東京芸術文化鑑賞サポート助成」

新設。都内の芸術団体・劇場等が7/16~来年6/30に都内で実施する、アクセシビリティ向上の取組に上限150万円、助成率10/10。情報保障費用が対象で、スロープ設置など施設整備は対象外。
決定しだい終了

ぴあ株式会社「エンジニア職(正社員・札幌拠点)」募集

ぴあ(東京都渋谷区)が、札幌を拠点にチケッティングサービス及び周辺ビジネスのWebサイト・システム開発の内製化を実現する「PIA TECH LAB」を組織。札幌でエンジニア職(正社員)採用を強化していく予定で、60名程度採用を想定。Iターン・Uターンを含めた雇用を創出する。
決定しだい終了

株式会社TBSテレビ「舞台プロデューサー(ライブエンタテインメント部)」募集

株式会社TBSテレビが、28年開業予定の赤坂エンタテインメント・シティ新劇場に向けた舞台プロデューサー募集。ライブエンタテインメント部の正社員。舞台制作の経験、舞台の企画立案経験必須。海外招聘交渉の経験、海外での舞台制作経験があるとなお可。年収650~1,300万円。
決定しだい終了

THEATRE E9 KYOTO(京都・東九条)2024年度第4次劇場利用団体募集

一部日程にキャンセルがあり、2024年度第4次劇場利用団体募集。
2024年6月
6/8

株式会社momocan「舞台業界向けハラスメント予防研修」技術スタッフ向け開催

講師は露木友子氏(臨床心理士・公認心理師)。要事前申込。U25割引あり。
6/10

東京芸術祭ファーム2024ラボ「制作アシスタント」参加者募集締切

2名程度。18~35歳、もしくは36歳以上で舞台制作経験8年以内。Asian Performing Arts Campを担当し、都内やリモートで90時間程度の制作補助業務。謝金10万円(税込)+交通費上限1,000円/日。
6/10

東京芸術祭ファーム2024ラボ「ファーム編集室アシスタントライター」参加者募集。

2名程度。18~35歳。Asian Performing Arts Campオンサイトキャンプ実施期間に帯同、アーカイブブックに掲載される各種記事執筆。謝金8万円(税込)+交通費上限1,000円/日。
6/10

KAAT神奈川芸術劇場「グリーンシアター・ワークショップ~持続可能な舞台芸術を目指して~」開催

昨年3月に続き、環境に配慮した創作を進めるため継続的にWS開催へ。ファシリテーターは大島広子氏(舞台美術家)、ゲストは加藤絢香氏(国立劇場)。要事前申込。
6/10

横浜演劇サロン開催

予約不要。
6/10

アーツカウンシルしずおか「マイクロ・アート・ワーケーション2024」旅人募集締切

アーティスト、アートマネージャーなどが、8/1~11/10に静岡県内ホスト活動エリアに6泊7日滞在してnote発信。活動費・宿泊費税込17,600円/泊支給。本拠地不問。15〜40名程度。
6/10

那覇文化芸術劇場なはーと/舞台制作者・人材育成ワークショップ「講座① 沖縄で活動する制作者との情報・意見交換会」開催

情報・意見交換会も。単発受講可。講師は植松侑子氏(Explat理事長、syuz'gen代表社員)。無料、要事前申込。
6/11

2025都民芸術フェスティバル(現代演劇分野)参加公演募集締切

東京の団体が25年1~3月に都内で廉価・学生割引を設けた有観客公演に、対象経費の1/2以内助成(上限1,000万円)×3~5件。全額概算払い。任意団体可。小劇場も対象。21年度には劇団あはひが採択。
6/11

NODA・MAP『正三角関係』東京公演高校生割引締切

NODA・MAPを1,000円で観られる高校生割引が『正三角関係』でも実施。東京公演抽選申込が6/8(土)受付開始。後日、北九州・大阪公演でも実施。高校生のとき、ピーター・ブルック来日公演を観て演劇を志した野田秀樹氏自身の思いから、2010年より続く特別割引。
6/11

座・高円寺(東京・高円寺)「貸館のための施設見学会」開催

舞台機構・機材、貸出申込手順などを説明。座・高円寺2と阿波おどりホール対象。無料、要事前申込。
6/11

談話室マチソワ店主企画「演劇のチケットの価格付けをいっしょに考える」開催

扇町ミュージアムキューブ(大阪・扇町)内のサロンで、前売券と当日券の価格研究をしているオグラチヒロ氏と話す。無料(1ドリンク制)、予約不要。
6/11

那覇文化芸術劇場なはーと/舞台制作者・人材育成ワークショップ「講座② 作品創作におけるハラスメント防止講習会」開催

情報・意見交換会も。単発受講可。講師は植松侑子氏(Explat理事長、syuz'gen代表社員)。無料、要事前申込。
6/12

那覇文化芸術劇場なはーと/舞台制作者・人材育成ワークショップ「講座③ 舞台制作に必要な基礎講習会」開催

情報・意見交換会も。単発受講可。講師は植松侑子氏(Explat理事長、syuz'gen代表社員)。無料、要事前申込。
6/13

ON-PAM会員提案企画「おしゃべり会for地方制作者vol.7~四国編~」開催

オンライン。東京圏以外の制作者対象(東京圏でも参加可だがメインは東京圏以外)で、今回は特に四国(徳島・香川・愛媛・高知)をメインにしゃべる。無料。会員以外も事前申込で参加可。
6/14

東京都杉並区「杉並区文化芸術活動助成金」募集締切

従来型に加え、「若手アーティスト文化芸術活動事業助成金」新設。区内に本拠地があり、構成員の2/3が39歳以下もしくは団体活動歴5年以下の団体が、区内で実施する公演。助成率10/10で上限20万円×10件程度採択。
6/15

渋川アートリラ2024 in 伊香保「ソーシャリーエンゲージドアートプロジェクト」「アーティストインレジデンス」参加アーティスト募集締切

滞在場所+前者上限80万(40日間以上滞在)/後者15万(15日間以上)補助。パフォーミングアートも対象。会期9/29~10/27。
6/15

第9回金沢アートグミ企画公募募集締切

12月に金沢市中心部の北國銀行武蔵ヶ辻支店3Fギャラリーで開催。ジャンル不問。本拠地不問。会場・設備を最大25日間、滞在制作施設「CORN」(今秋リニューアル予定)を最大3か月程度無償提供。別途20万円(税込)助成。
6/16

豊中市立文化芸術センター/アートマネジメント講座2024「アートは誰のモノ?私たちの社会とアートをクリエイトする」開催

アートの現状やアウトリーチを考える。講師に菅原直樹氏(OiBokkeShi主宰)も。全8回、通し受講優先、単回は事前相談。
6/17

高知県立美術館「劇場アートマネジメントセミナー」評価検証編開催

事業評価や成果検証を学ぶ評価検証編(12月の平日1日にも参加出来る方)(講師:大澤寅雄氏)と、労働環境やハラスメント問題の改善状況を知る労働環境編(講師:吉澤弥生氏)。要事前申込。
6/20

文化芸術活動基盤強化基金「文化施設による高付加価値化機能強化支援事業」第Ⅰ期(令和6~8年度)募集締切

日本芸術文化振興会に設立された「文化芸術活動基盤強化基金」、劇場・音楽堂等が対象の「文化施設による高付加価値化機能強化支援事業」が第Ⅰ期(令和6~8年度)募集案内公開。民間劇場も対象で、国内公演は公共ホールより高い1/2補助。一部概算払い可。
6/21
6/21

KYOTO EXPERIMENT 2024 フリンジ「More Experiments」参加登録募集締切

京都府で10/1~31に公演があること。広報協力・観劇優待あり。
6/22

多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科/シリーズ・特別講義2024「〈身体〉から考える──パフォーミングアーツの視点」第2回「VR演劇の現在地―ヴァーチャルリアリティと身体」開催

一般受講可の新たな無料講座スタート。講師は相馬千秋氏(アートプロデューサー、東京藝術大学准教授)。要事前申込。
6/22
6/22
6/22

アイホール(伊丹市)レクチャー&ワークショップ「演劇のチラシができるまで~アイディアを掘り起こすコミュニケーション~」開催

講師は山口良太氏(slowcamp)、ファシリテーターは大川諒平氏(㐧2劇場)、ゲストにサリngROCK氏(突劇金魚)。要事前申込。
6/24
6/24

吉乃ルナ氏「舞台制作ワークショップ~当日運営のすゝめ~」開催

東京で。実際の小劇場(南烏山・ペーパーバックスタジオ)を使用し、座学、ロールプレイングによる場内誘導の実技、質疑応答など。講師は吉乃ルナ氏(フリー制作者)。年齢・経験不問。要事前申込。
6/24

高知県立美術館「劇場アートマネジメントセミナー」労働環境編開催

事業評価や成果検証を学ぶ評価検証編(12月の平日1日にも参加出来る方)(講師:大澤寅雄氏)と、労働環境やハラスメント問題の改善状況を知る労働環境編(講師:吉澤弥生氏)。要事前申込。
6/25

吉乃ルナ氏「舞台制作ワークショップ~当日運営のすゝめ~」追加開催

東京で。実際の小劇場(南烏山・ペーパーバックスタジオ)を使用し、座学、ロールプレイングによる場内誘導の実技、質疑応答など。講師は吉乃ルナ氏(フリー制作者)。年齢・経験不問。要事前申込。
6/25
6/26

アーツカウンシル東京/クリエイティブ・ウェルビーイング・トーキョー「芸術文化分野の手話通訳研修プログラム」募集締切

全8回。手話通訳士または同程度の能力を有する方対象に、芸術文化分野の通訳技術習得の実践的トレーニング。無料(テキスト代等は実費負担)。
6/27

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「アクセシビリティ講座2024~あらゆる人が芸術文化をともに楽しむために~」オンライン講座【基礎知識:アクセシビリティを知る】開催

研修動画(鑑賞サポート入門:基礎知識編、視覚障害者編、聴覚障害者編)、オンライン講座(基礎知識:アクセシビリティを知る、鑑賞サポート:映画館・映像上映編、舞台芸術編、ミュージアム・アートスペース編、トークイベント:芸術文化のアクセシビリティの可能性)の全8編。研修動画受講は新設の「東京芸術文化鑑賞サポート助成」申請要件。無料。
6/28

東京都公園協会「都立砧公園イベント支援事業」企画提案事業者募集締切

10/12(土)に若手アーティストによるアートと砧公園の融合を図るイベントを企画運営出来る団体。ジャンル不問。委託費800万円程度(税込、全費用含む)。説明会:オンライン6/17、現地6/18。
6/28

日本劇団協議会「『日本の劇』戯曲賞2024」募集締切

資格不問。未発表・未上演に限る。400字換算150枚程度。最優秀賞は賞金10万円+2025年度に上演予定(上演料別途)。最優秀賞に選ばれた作品は必ず上演される戯曲賞。
6/30

若手演出家コンクール2024募集締切

自分を若手(新人)と思う演出者。1次映像、2次9/1~12/1の公演または通し稽古観劇、最終2/25~3/2に東京で上演(一部遠方支援あり)。最優秀演出家賞は賞金50万円+26年3月予定の記念公演補助。今回よりオンライン受付のみ。
2024年7月
7/1

第30回劇作家協会新人戯曲賞募集締切

最終審査員の希望投票制は取りやめ(第29回より)、最終審査会の一般公開は実施しない(第28回より)。今回は『優秀新人戯曲集』の出版はないとのこと(最終候補作希望者は戯曲デジタルアーカイブへ掲載可能)。
7/3

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「ハラスメント防止講座2024~誰もがリスペクトし合う創造環境を作るために~」オンライン講座【アンコンシャス・バイアス編】開催

研修動画(現場実践編、相談対応編、分野別実践編)、オンライン講座(アンコンシャス・バイアス編、ストレス・マネジメント編、アサーティブ・コミュニケーション編)、対面ワークショップ(相談対応編)の全7編。無料。
7/4

アーツカウンシル東京/東京芸術文化創造発信助成【長期助成】活動報告会「チェルフィッチュ/ノン・ネイティブ日本語話者との演劇プロジェクト」募集締切

3年間を岡田利規氏、precogの黄木多美子・水野恵美プロデューサーと振り返る。無料、要事前申込。7/5(金)開催。
7/4

「EPAD Re LIVE THEATER in Kinki~舞台芸術作品を『観に行く』から『やってくる』へ~」全国公文協近畿支部開催

神戸文化ホール中ホール(神戸・大倉山)で4K定点映像上映とシンポジウム。対象は地域の舞台芸術関係者。無料、要事前申込。
7/5

東京都中野区「子ども育成文化・芸術事業」募集締切

3事業予定。直近3年で1年以上区内で活動実績がある団体・事業者が、9/1~3/31に子供(0~18歳)対象に実施する事業。区有文化施設料金を80~50%減額(上限80~50万)。実績を挙げれば20%上乗せ。要事前相談。
7/5

KAAT神奈川芸術劇場/KAAT舞台技術講座2024「『実現するちから』を学ぶ ~舞台映像編~」募集締切

舞台芸術関係者対象に、様々なデザイン・プランを具現化していく技術者を招いた講座開始。第1弾は演劇における映像活用。講師は栗⼭聡之氏。要事前申込。7/9(火)開催。
7/5

京都芸術大学「共同利用・共同研究拠点」2023年度研究事業報告会①「テーマ研究、劇場実験型公募」開催

Zoom開催。舞台芸術における環境の持続可能性を研究する大島広子氏(舞台美術家)が代表の、国内基礎調査及びヨーロッパのサスティナブルプロダクション実例調査も。無料、要事前申込。
7/6

京都芸術大学「共同利用・共同研究拠点」2023年度研究事業報告会②「リサーチ支援型公募」開催

Zoom開催。舞台芸術における環境の持続可能性を研究する大島広子氏(舞台美術家)が代表の、国内基礎調査及びヨーロッパのサスティナブルプロダクション実例調査も。無料、要事前申込。
7/7

早稲田小劇場どらま館「風通しの良い稽古場のためのハラスメント防止研修」開催

講師は植松侑子氏(合同会社syuz’gen)。対象は早稲田大学の演劇サークルに所属している方(他大生も含む)、企画内容に関心のある早大生。無料、要事前申込。会場は早稲田大学構内。
7/8

アーツカウンシル東京「キャパシティビルディング講座2024」受講生募集締切

無料。16名程度。主に東京を活動拠点としている方。3回のオンライン公開講座(後日公募)は、映画監督・是枝裕和氏も講師に。オンライン応募説明会6/20(木)19時。
7/11

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「ハラスメント防止講座2024~誰もがリスペクトし合う創造環境を作るために~」オンライン講座【ストレス・マネジメント編】開催

研修動画(現場実践編、相談対応編、分野別実践編)、オンライン講座(アンコンシャス・バイアス編、ストレス・マネジメント編、アサーティブ・コミュニケーション編)、対面ワークショップ(相談対応編)の全7編。無料。
7/12

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「ハラスメント防止講座2024~誰もがリスペクトし合う創造環境を作るために~」対面ワークショップ【相談対応編 ワークショップ】開催

研修動画(現場実践編、相談対応編、分野別実践編)、オンライン講座(アンコンシャス・バイアス編、ストレス・マネジメント編、アサーティブ・コミュニケーション編)、対面ワークショップ(相談対応編)の全7編。無料。
7/12

令和6年度神奈川県マグカル展開促進補助金2次募集締切

県内実施なら本拠地不問。任意団体可。上限100万・補助率1/3。若年者を文化芸術に携わる人材として育成する事業は上限300万。23年度はスペースノットブランク、キュイ、範宙遊泳、譜面絵画、ロロなど採択。
7/12

城崎国際アートセンター「2025年度アーティスト・イン・レジデンス プログラム」公募締切

城崎国際アートセンター(豊岡市)が、公募要項を見直して2025年度募集。最大7室×最長3か月の滞在、ホール・スタジオ無料。地域交流プログラム実施。今回より選考基準に「交流の創出」追加、光熱水費相当分1名350円/日。滞在後の成果発表や公演予定不問。
7/16
7/19

「EPAD Re LIVE THEATER in Tokai Hokuriku~舞台芸術作品を『観に行く』から『やってくる』へ~」全国公文協東海北陸支部開催

長久手市文化の家風のホール(愛知県長久手市)で4K定点映像上映とシンポジウム。対象は地域の舞台芸術関係者。無料、要事前申込。
7/21

令和6年度大阪市芸術活動振興事業助成金下期募集締切

本拠地不問。任意団体可。10/1~3/31に大阪市内で実施する活動に一般助成A(上限20万円)、B(上限50万円)。上期は関西以外からintro『ハワイの地平線、テキサスの水平線』(札幌市)が一般助成Bに採択。
7/25

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「アクセシビリティ講座2024~あらゆる人が芸術文化をともに楽しむために~」オンライン講座【鑑賞サポート:映画館・映像上映編】開催

研修動画(鑑賞サポート入門:基礎知識編、視覚障害者編、聴覚障害者編)、オンライン講座(基礎知識:アクセシビリティを知る、鑑賞サポート:映画館・映像上映編、舞台芸術編、ミュージアム・アートスペース編、トークイベント:芸術文化のアクセシビリティの可能性)の全8編。研修動画受講は新設の「東京芸術文化鑑賞サポート助成」申請要件。無料。
7/30
7/30
7/31

港区立みなと芸術センター指定管理者公募締切

東京都港区が2027年11月開館予定の新劇場「みなと芸術センター」(東京・浜松町)指定管理者公募。指定期間は27年11月~37年3月までの9年5か月。25年4月~27年10月は開館準備業務として別途業務委託契約締結。
2024年8月
8/6
8/6

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「ハラスメント防止講座2024~誰もがリスペクトし合う創造環境を作るために~」オンライン講座【アサーティブ・コミュニケーション編】開催

研修動画(現場実践編、相談対応編、分野別実践編)、オンライン講座(アンコンシャス・バイアス編、ストレス・マネジメント編、アサーティブ・コミュニケーション編)、対面ワークショップ(相談対応編)の全7編。無料。
8/6
8/9

「EPAD Re LIVE THEATER in Tohoku~舞台芸術作品を『観に行く』から『やってくる』へ~」全国公文協東北支部開催

いわき芸術文化交流館アリオス中劇場(福島県いわき市)で4K定点映像上映とシンポジウム。対象は地域の舞台芸術関係者。無料、要事前申込。
8/22

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「アクセシビリティ講座2024~あらゆる人が芸術文化をともに楽しむために~」オンライン講座【鑑賞サポート:舞台芸術編】開催

研修動画(鑑賞サポート入門:基礎知識編、視覚障害者編、聴覚障害者編)、オンライン講座(基礎知識:アクセシビリティを知る、鑑賞サポート:映画館・映像上映編、舞台芸術編、ミュージアム・アートスペース編、トークイベント:芸術文化のアクセシビリティの可能性)の全8編。研修動画受講は新設の「東京芸術文化鑑賞サポート助成」申請要件。無料。
8/30

アーツカウンシル東京「キャパシティビルディング講座2024」オンライン講座「活動の意義を伝える評価軸を磨く」開催

講師は源由理子氏(明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授)。無料、要事前申込。
8/30

「YPAMフリンジ2024」公演登録締切

横浜/神奈川エリアで11/29~12/15に実施するライブパフォーマンス。
8/31

「虹の会演劇大賞」エントリー締切

東海3県の上演を対象にした「虹の会演劇大賞」を、一般社団法人虹の会(名古屋市)創設。24年1月~25年3月に楽日を迎える公演。賞金最大30万。「長年演劇を愛し年齢を重ねた」代表理事が、今後10年を目安に審査員の審査で演劇人を表彰、賞金授与。
2024年9月
9/5

「EPAD Re LIVE THEATER in Kyusyu~舞台芸術作品を『観に行く』から『やってくる』へ~」全国公文協九州支部開催

サザンクス筑後大ホール(福岡県筑後市)で4K定点映像上映とシンポジウム。対象は地域の舞台芸術関係者。無料、要事前申込。
9/14
9/19

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「アクセシビリティ講座2024~あらゆる人が芸術文化をともに楽しむために~」オンライン講座【鑑賞サポート:ミュージアム・アートスペース編】開催

研修動画(鑑賞サポート入門:基礎知識編、視覚障害者編、聴覚障害者編)、オンライン講座(基礎知識:アクセシビリティを知る、鑑賞サポート:映画館・映像上映編、舞台芸術編、ミュージアム・アートスペース編、トークイベント:芸術文化のアクセシビリティの可能性)の全8編。研修動画受講は新設の「東京芸術文化鑑賞サポート助成」申請要件。無料。
9/26
9/26

神戸市民文化振興財団アートマネジメント講座「文化庁京都移転と展望」開催

「劇場で働こう」をテーマに、文化行政や劇場運営などを掘り下げ。第1回講師は児玉大輔氏(文化庁参事官)。無料、要事前申込。
2024年10月
10/3

アートノト(東京芸術文化相談サポートセンター)「アクセシビリティ講座2024~あらゆる人が芸術文化をともに楽しむために~」オンライン講座【トークイベント:芸術文化のアクセシビリティの可能性】開催

研修動画(鑑賞サポート入門:基礎知識編、視覚障害者編、聴覚障害者編)、オンライン講座(基礎知識:アクセシビリティを知る、鑑賞サポート:映画館・映像上映編、舞台芸術編、ミュージアム・アートスペース編、トークイベント:芸術文化のアクセシビリティの可能性)の全8編。研修動画受講は新設の「東京芸術文化鑑賞サポート助成」申請要件。無料。
10/14 月・祝

京都芸術センター第51期制作室使用者募集締切

2025年4月1日~9月30日のうち最長6か月まで。本拠地不問。無料。
10/19

神戸市民文化振興財団アートマネジメント講座「文化政策と劇場音楽堂等」開催

「劇場で働こう」をテーマに、文化行政や劇場運営などを掘り下げ。第2回講師は石田麻子氏(昭和音楽大学教授)。無料、要事前申込。
10/23
10/31

神戸市民文化振興財団アートマネジメント講座「民間劇場の資金調達」開催

「劇場で働こう」をテーマに、文化行政や劇場運営などを掘り下げ。第3回講師はあごうさとし(THEATRE E9 KYOTO芸術監督)。無料、要事前申込。
2024年11月
11/9
11/14

神戸市民文化振興財団アートマネジメント講座「民間指定管理の戦略と実践」開催

「劇場で働こう」をテーマに、文化行政や劇場運営などを掘り下げ。第4回講師は衣川絵里子氏(西宮市フレンテホール館長)。無料、要事前申込。
11/27

「EPAD Re LIVE THEATER in Hokkaido~舞台芸術作品を『観に行く』から『やってくる』へ~」全国公文協北海道支部開催

北海道立道民活動センターかでるアスビックホール(札幌・北2条西7丁目)で4K定点映像上映とシンポジウム。対象は地域の舞台芸術関係者。無料、要事前申込。
11/29
2025年1月
1/7
1/23

アーツカウンシル東京「スタートアップ助成」2024年度第3回募集締切

2025年5月1日~2026年4月30日に実施される事業。