Today: 0399  Yesterday: 2606  Total: 14207312

Author Archives: Tatsuya OGINO

ナレッジ

いま電子書籍(Kindle)で入手出来る、制作者注目の演劇関連書10冊

演劇関連書の多くがすぐに絶版になってしまいますが、電子書籍で復刊されるケースも増えてきました。2021年3月7日現在、アマゾンのKindleで購入可能な電子書籍から、小劇場演劇に関わる制作者に読んでもらいたい10冊を選び ...
Continue Reading »
舞台芸術ギフト化計画

舞台芸術ギフト化計画/お問い合わせ

はじめに | 企画書 | コロナ禍での計画修正 | 勉強会・分科会 | アンケート結果 | お問い合わせ このページからご覧になる方は、「はじめに」からご覧ください。 舞台芸術ギフト化計画では、ギフト用の券種を公演に設け ...
Continue Reading »
舞台芸術ギフト化計画

舞台芸術ギフト化計画/アンケート結果

はじめに | 企画書 | コロナ禍での計画修正 | 勉強会・分科会 | アンケート結果 | お問い合わせ このページからご覧になる方は、「はじめに」からご覧ください。 fringeでは「ギフトチケット」の実現可能性と制度 ...
Continue Reading »

演劇におけるハラスメントについて

ハラスメントは演劇界の抱える大きな闇 演劇界は、他の業界に比べてハラスメントが生まれやすいと思われます。芸術という個人の感性が重視される分野なのに加え、部外者を遮断した稽古場で長期間共に過ごすことが多く、先輩アーティスト ...
Continue Reading »
舞台芸術ギフト化計画

舞台芸術ギフト化計画/コロナ禍での計画修正

はじめに | 企画書 | コロナ禍での計画修正 | 勉強会・分科会 | アンケート結果 | お問い合わせ このページからご覧になる方は、「はじめに」からご覧ください。 2020年度に有志による勉強会形式で進めることを想定 ...
Continue Reading »

オンラインミーティング「演劇業界以外で働きながら小劇場演劇を支える生き方」(Zoom開催)

fringeでは、2020年2月23日にオフラインミーティング「演劇業界以外で働きながら小劇場演劇を支える生き方」を東京をリアル開催しました。コロナ禍でリアルなイベントが敬遠され始めたころでしたが、なんとか無事に開催する ...
Continue Reading »
舞台芸術ギフト化計画

舞台芸術ギフト化計画/勉強会・分科会

はじめに | 企画書 | コロナ禍での計画修正 | 勉強会・分科会 | アンケート結果 | お問い合わせ このページからご覧になる方は、「はじめに」からご覧ください。 「舞台芸術ギフト化計画」の勉強会・分科会をこのページ ...
Continue Reading »
舞台芸術ギフト化計画

舞台芸術ギフト化計画/企画書

はじめに | 企画書 | コロナ禍での計画修正 | 勉強会・分科会 | アンケート結果 | お問い合わせ この企画書は2019年10月に作成したものです。新型コロナウイルスの影響により、現在は「創客」以前に芸術団体や劇場 ...
Continue Reading »
舞台芸術ギフト化計画

舞台芸術ギフト化計画/はじめに

はじめに | 企画書 | コロナ禍での計画修正 | 勉強会・分科会 | アンケート結果 | お問い合わせ fringeでは限られた観劇人口を増やしたいと考え、従来の観劇人口を分け合う「集客」ではなく、普段劇場に足を運ばな ...
Continue Reading »
ケーススタディ

島根・劇団ハタチ族はコロナ禍でも途切れることなく「366日毎日公演」継続中

2015年に「365日毎日公演」を達成した劇団ハタチ族(本拠地・島根県雲南市)。元日から大晦日まで、雲南市木次経済文化会館のロビーをメイン会場に、毎日市内のどこかで上演し、観客ゼロの場合はチャレンジ終了するという企画で、 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

制作会社自身がキャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店になり、受託公演のチケット・物販5%還元を実現した尾崎商店に注目

消費税率引き上げに伴う経済産業省のキャッシュレス・ポイント還元事業。2020年6月末までキャッシュレスで支払うと最大5%還元される国の施策だが、これを演劇のチケットや物販に適用出来たらと思う制作者は多いだろう。 中小規模 ...
Continue Reading »

fringeオフラインミーティング「演劇業界以外で働きながら小劇場演劇を支える生き方」を開催します

近年は最初から演劇制作を本業にする人も増えましたが、小劇場演劇を支える人材として、演劇業界以外を本業にしながらボランタリーベース、あるいは先行投資で制作者として活動する人が不可欠だと考えます。演劇がチケット収入だけでギャ ...
Continue Reading »

「当日制作」という役割はない

はじめに 2010年代の初めごろから、公演中のフロントスタッフを務める若い人が「当日制作」と名乗るようになりました。演劇制作の役割を表わす呼称として、これはおかしいと思います。本人は「公演当日の制作」という意味で使ってい ...
Continue Reading »
ケーススタディ

いたみ・まちなか劇場「味わう舞台」に見る「まちなか飲食店リーディング公演」の可能性

演劇を身近に感じてもらう公演形態として、既存の飲食店に演劇人が出向き、食事とリーディング公演を楽しんでもらう「まちなか飲食店リーディング公演」がある。先駆けは仙台市で2008年から開催されている「杜の都の演劇祭」(主催/ ...
Continue Reading »