Today: 0448  Yesterday: 2629  Total: 9016937

Author Archives: Tatsuya OGINO

ナレッジ

労働安全衛生規則改正による「足場の組立て、解体又は変更の作業」について

最初に強調しておきたいのは、劇場は様々な舞台機構、高所作業、暗所作業があり、常に危険と隣り合わせだということです。大袈裟ではなく実際に死亡事故は起こっていますし、開演中でないと報道されることも少ないため、広く知られていな ...
Continue Reading »

カンパニーを進化させ集客へと導く具体的な方法/(10)制作者がいても劇団員全員が制作を自分事として考える

●分割掲載です。初めての方は(1)から順にご覧ください。 制作者はディレクションする立場 今回は原点に立ち戻り、制作者と劇団員の関係性について考えてみます。制作業務にはマンパワーが必要なものが多く、劇団員の協力が不可欠で ...
Continue Reading »
ケーススタディ

7か月以上前からフルカラーの仮仮チラシ4種類と仮チラシ9種類で作品世界を印象づけた鵺的トライアル『フォトジェニック』、チラシをコレクションする行為自体が物語とつながる驚愕のプロモーション

小劇場演劇でフルカラーの仮チラシを複数作成した例としては、2007年にin→dependent theatre(大阪・日本橋)が劇場プロデュースとして2劇場同時公演した『ポーカーフェイスアパートメント』『ファイティングブ ...
Continue Reading »

制作者対象にオフライン企画「制作カフェ@十色庵」を開催、解散を発表した時間堂・大森晴香プロデューサーと語り合います

fringeでは、5年ぶりにオフライン企画を実施します。9月7日(水)、時間堂が主催する「制作カフェ@十色庵」に協力し、演劇制作を巡るテーマを時間堂の大森晴香プロデューサーと語り合います。 時間堂は年内をもって解散するこ ...
Continue Reading »
ナレッジ

【2016年7月更新】公演期間中に役立つツール・テンプレート

フロントスタッフ作業フロー(Word:7KB・ZIP形式) フロントスタッフの全作業を、開演前・上演中・終演後に分けてフローチャートにしたものです。自由にカスタマイズして、お手伝いさんへの説明や要員配置計画に活用してくだ ...
Continue Reading »
ケーススタディ

当日精算の無断キャンセル問題を考えるときに知っておくべきこと――当日精算とはなんなのか、なぜ小劇場で一般的な販売方法になったのか、これからどう取り組めばいいのか

当日精算の無断キャンセルは、当日精算という仕組みを導入している限り発生し得る問題だ。まとまった枚数のキャンセルが起こるたび、ネット上では是非が論じられている。fringeでは、昨年8月に発生した「京都学生演劇祭2015」 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

「京都学生演劇祭2015」の大量キャンセルを契機に、観客が有利すぎる当日精算の在り方を見直すナカゴー、笑の内閣、時間堂。当日精算から前売への移行が容易になった現在、あともう一歩を踏み出そう

昨年8月、「京都学生演劇祭2015」(2015/8/26~8/31、京都・京都大学吉田寮食堂)で全キャパの半数が架空予約となり、満席のはずが当日ガラガラになった事件は、当日精算の多い小劇場界に衝撃を与えた。後日、同演劇祭 ...
Continue Reading »
ヘッドライン

東京のアーツセンターはここから始まった。夢の施設「にしすがも創造舎」の軌跡(3)融資による常設劇場化~自治体との「F/T」共催

●分割掲載です。初めての方は(1)から順にご覧ください。 東京を代表するアーツセンター、にしすがも創造舎(東京・西巣鴨)。2016年での終了に伴い、創設前夜の03年から「F/T」へ移行していく08年までを、fringeの ...
Continue Reading »
ヘッドライン

東京のアーツセンターはここから始まった。夢の施設「にしすがも創造舎」の軌跡(2)東京国際芸術祭の体育館公演~劇場需要の高まり

●分割掲載です。初めての方は(1)から順にご覧ください。 東京を代表するアーツセンター、にしすがも創造舎(東京・西巣鴨)。2016年での終了に伴い、創設前夜の03年から「F/T」へ移行していく08年までを、fringeの ...
Continue Reading »
ヘッドライン

東京のアーツセンターはここから始まった。夢の施設「にしすがも創造舎」の軌跡(1)理想の廃校を求めた創設前夜~稽古場利用開始

2004年8月20日、豊島区立旧朝日中学校を転用してオープンした稽古場施設「にしすがも創造舎」(東京・西巣鴨)。教室の稽古場利用から体育館の劇場化へと規模が広がり、東京国際芸術祭(TIF)からフェスティバル/トーキョー( ...
Continue Reading »
ケーススタディ

大阪・壱劇屋が勝負をかけた3都市ツアーでやった10のこと、公演企画とTwitterの相乗効果で動員目標達成

壱劇屋(本拠地・大阪府枚方市)が、代表作『SQUARE AREA』の3都市ツアーで大幅な動員増を達成した(大阪2/10~2/16=シアトリカル應典院、名古屋3/24=千種文化小劇場(ちくさ座)、東京4/6~4/10=王子 ...
Continue Reading »

【2015年9月更新】助成金の探し方/ファンドレイジングの方法(2)

●分割掲載です。初めての方は(1)から順にご覧ください。 行政や公共ホールが行なっている公的助成制度を探す 行政や公共ホールが行なっている助成制度は多数あります。データベースでは漏れがあったり、最新情報が反映していません ...
Continue Reading »

【2015年9月更新】助成金の探し方/ファンドレイジングの方法(1)

芸術団体が助成金を探す方法をまとめました。 ※任意団体のカンパニーをターゲットにしていますが、民間劇場や中間支援組織も参考になるでしょう。平成28年度から、日本芸術文化振興会「トップレベルの舞台芸術創造事業」が法人格必須 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

京都学生演劇祭2015で大量架空予約をしたと思われる人物が告白と謝罪、沢大洋プロデューサーが顛末を報告

偽アドレスによる大量架空予約が発生した「京都学生演劇祭2015」(8/26~8/31、京都・京都大学吉田寮食堂)について(2015/8/28付本欄既報)、同演劇祭プロデューサーの沢大洋氏が9月11日にその後の経緯を報告し ...
Continue Reading »