Today: 1482  Yesterday: 2252  Total: 17437104

Tag archives for 演出 - Page 3

募集情報

平成22年度まどかぴあ演劇支援事業、プレビュー公演~24年度までの劇場費全免となる厚遇

平成20年度の寺山修司没後25年特別企画からスタートした「まどかぴあ演劇支援事業」が今年度も公募。 財団法人大野城市都市施設管理公社と参加団体の共同主催。福岡県が拠点のカンパニー・ユニット1団体に対し、大野城まどかぴあ小 ...
Continue Reading »
募集情報

京都府立文化芸術会館/ぶんげいマスターピース工房Vol.3「シェイクスピア・コンペ」

若手演出家がマスターピース(名作古典)に挑む京都府立文化芸術会館の企画が復活。前回は3名の演出家競作となっていたが、今回は演出家ではなく作品自体のコンペとなっている。京都芸術センター「演劇計画」との差別化を図っているよう ...
Continue Reading »

福岡・NPO法人FPAPが九州の劇作家・演出家対象に破格の東京観劇ツアー企画

NPO法人FPAP(福岡市)は、九州の演劇人に刺激を与えるため、11月23日~25日の3連休を利用した東京への「劇作家・演出家のための観劇ディスカッションツアー」を企画。往復航空券、宿泊費(アゴラ劇場の管理する稽古場を予 ...
Continue Reading »
創造啓発

Producers meet Producers 2006 地域の制作者のための創造啓発ツアー/高崎大志が全体を振り返る(1)

●分割掲載です。初めての方は概要から順にご覧ください。 PmP2006のレポート 高崎大志 事務局、NPO法人FPAP 報告日:2006/07/02 はじめに  今回高崎は参加者としてではなく、事務局の一員としてこの企画 ...
Continue Reading »

名古屋・東京を結ぶ「366.0 project」始動、4演出家による「演劇オープンラボ」開催

名古屋・東京の次世代を担う若手演劇人による共同プロジェクト「366.0 project」が始動し、「演劇オープンラボ」を10月10日~15日に七ツ寺共同スタジオ(名古屋・大須)ほか2か所で開催する。「366.0」はJR東 ...
Continue Reading »

制作者に必要なもの、プロデューサーに必要なもの

「プライオリティをつける力」そして「戯曲を読む力」 fringeは「制作者=プロデューサー」を提唱していますので、両者を無理に分けて考える必要はないのですが、制作者をマネジメント、プロデューサーを企画という言葉に置き換え ...
Continue Reading »

OMSプロデュースへの疑問

扇町ミュージアムスクエア(OMS、大阪市北区)が主催するOMS戯曲賞。関西在住の劇作家の実力を世に知らしめ、岸田戯曲賞へのきっかけともなった賞である。受賞作には賞金50万円と戯曲出版、そしてOMS主催でプロデュース公演が ...
Continue Reading »

観客に演出がわかるのか

私は前々から疑問に感じているのだが、演劇の場合、果たして観客に演出家の仕事というものはわかるのだろうか。例えば観客が演出賞のようなものを決める場合、その舞台の成果が演出家の働きによるものだということが、どうしてわかるのだ ...
Continue Reading »