Today: 0542  Yesterday: 3490  Total: 09968756

Tag archives for 演出 - Page 2

募集情報

世田谷パブリックシアター「世田谷アーティストトーク」中野成樹氏

2009年度から始まった気鋭の演出家、劇作家、振付家を迎えたアーティストトーク。講師は中野成樹氏(中野成樹+フランケンズ主宰)。 http://setagaya-pt.jp/workshop/2011/02/post_2 ...
Continue Reading »
募集情報

世田谷パブリックシアター「世田谷アーティストトーク」ノゾエ征爾氏

2009年度から始まった気鋭の演出家、劇作家、振付家を迎えたアーティストトーク。講師はノゾエ征爾氏(はえぎわ主宰)。 http://setagaya-pt.jp/workshop/2011/02/post_207.htm ...
Continue Reading »
募集情報

世田谷パブリックシアター「世田谷アーティストトーク」前川知大氏

2009年度から始まった気鋭の演出家、劇作家、振付家を迎えたアーティストトーク。講師は前川知大氏(イキウメ主宰)。 http://setagaya-pt.jp/workshop/2011/02/post_207.html...
Continue Reading »
募集情報

NPO法人FPAP「劇作家・演出家のための観劇ディスカッションツアー」が対象を全国に拡大、本拠地不問で2泊3日の東京観劇ツアーを5,000円のみで提供、北海道からもOK!

NPO法人FPAP(福岡市)が、2007年より実施している「劇作家・演出家のための観劇ディスカッションツアー」の対象を全国に拡大。九州2~3名に加え、他地域1~2名も公募。3月25日~27日(2泊3日)の往復交通費、宿泊 ...
Continue Reading »
募集情報

演劇大学 in こうち「アフタートーク」

2月20日開催。主催は日本演出者協会+演劇大学高知実行委員会+高知市文化振興事業団。講師は篠﨑光正(電劇代表、シノザキスタジオ主宰)、ふじたあさや(演出家)、流山児祥(流山児★事務所主宰)、高都幸男(演出家)、大杉良(演 ...
Continue Reading »

演劇大学 in 盛岡「岩手県出身の演出家によるシンポジウム」

1月30日14時開催。会場はいわてアートサポートセンター風のスタジオ。無料。パネラーは澤藤佳(青果鹿)、坂田雄平(財団法人地域創造)、菅野直子、中村剛造(マーブル局)の各氏。盛岡の演劇大学は2003年以来。...
Continue Reading »

国際演劇交流セミナー2010「ドイツ特集」 in 東京/DVD上映&シンポジウム「新しいドイツ演劇と若手が語る演劇の可能性」松井周氏+早船聡氏+棚瀬美幸氏他

日本演出者協会主催。出演はアレクシス・ブーク(演出家)、松井周(サンプル)、早船聡(サスペンデッズ)、棚瀬美幸(南船北馬)、谷川道子(東京外国語大学名誉教授)の各氏。 http://www.k2.dion.ne.jp/~ ...
Continue Reading »
募集情報

福岡演劇フェスティバルFFAC企画創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう!」Vol.3

福岡市+財団法人福岡市文化芸術振興財団主催。本拠地不問。2011年4月に課題戯曲による上演審査(3団体)、最優秀団体は12年春の第6回福岡演劇フェスティバル上演権(課題戯曲以外でも可、条件あり、ぽんプラザホール劇場費無料 ...
Continue Reading »
募集情報

シアターKASSAI内覧企画『ON THE WAY HOME』舞台制作者向けプレビュー公演

2010年5月にオープンした「シアターKASSAI」(東京・池袋、キャパ78名)が、オープンイヤー特別記念企画「劇作家・久間勝彦作品」のゲネプロに、カンパニーの運営者や制作者を招待。終了後は劇場の設備内覧。 同劇場を運営 ...
Continue Reading »
募集情報

平成22年度まどかぴあ演劇支援事業、プレビュー公演~24年度までの劇場費全免となる厚遇

平成20年度の寺山修司没後25年特別企画からスタートした「まどかぴあ演劇支援事業」が今年度も公募。 財団法人大野城市都市施設管理公社と参加団体の共同主催。福岡県が拠点のカンパニー・ユニット1団体に対し、大野城まどかぴあ小 ...
Continue Reading »
募集情報

京都府立文化芸術会館/ぶんげいマスターピース工房Vol.3「シェイクスピア・コンペ」

若手演出家がマスターピース(名作古典)に挑む京都府立文化芸術会館の企画が復活。前回は3名の演出家競作となっていたが、今回は演出家ではなく作品自体のコンペとなっている。京都芸術センター「演劇計画」との差別化を図っているよう ...
Continue Reading »