Today: 0949  Yesterday: 3106  Total: 13657119

Tag archives for 創客 - Page 3

創客

【最終結果】佐藤佐吉大演劇祭2018in北区「fringe創客賞」公演17:クロムモリブデン

ダッシュボード | 「fringe創客賞」について | 佐藤佐吉大演劇祭2018in北区特設サイト 公演17 クロムモリブデン『たまには海が泳げ!』 3/20(火)~4/1(日) 花まる学習会王子小劇場 ●2018年3月 ...
Continue Reading »
創客

【最終結果】佐藤佐吉大演劇祭2018in北区「fringe創客賞」公演07:ぬいぐるみハンター

ダッシュボード | 「fringe創客賞」について | 佐藤佐吉大演劇祭2018in北区特設サイト 公演07 ぬいぐるみハンター『ゴミくずちゃん可愛い』 3/3(土)~3/4(日) 飛鳥山野外舞台 ●2018年3月12日 ...
Continue Reading »
創客

佐藤佐吉大演劇祭2018in北区「fringe創客賞」について

ダッシュボード | 佐藤佐吉大演劇祭2018in北区特設サイト fringeでは、2018年2月21日〜4月1日に開催される「佐藤佐吉大演劇祭2018in北区」(主催/佐藤佐吉演劇祭実行委員会、共催/佐藤商事株式会社、公 ...
Continue Reading »

助成金に採択される可能性を高める申請書の書き方(2)

●分割掲載です。初めての方は(1)から順にご覧ください。 公的助成は「どのように社会に貢献するか」を書く 日本芸術文化振興会では、日本版アーツカウンシルの試行的取り組みとして、助成対象活動の事後評価、助成事業に関する調査 ...
Continue Reading »
ナレッジ

いま入手出来る、制作者が絶対に読んでおくべき演劇関連書10冊

2015年2月14日現在、アマゾン(マーケットプレイス含む)で購入可能な書籍から、小劇場演劇に関わる制作者なら絶対に読んでもらいたい10冊を選びました。「fringe blog」「fringe watch」で紹介したもの ...
Continue Reading »
ナレッジ

カンパニーを進化させ集客へと導く具体的な方法/(8)作品には出来・不出来があることを自覚し、潮目を読んで勝負する

●分割掲載です。初めての方は(1)から順にご覧ください。 傑作が3本続くことはまずない ライブの舞台を送り届けることが身上の演劇にとって、どんな公演をいつ打つかの判断は、制作者に求められる最も重要な能力の一つだと思います ...
Continue Reading »
ケーススタディ

公演情報サイト「Daily Fringe Guide Osaka」が京阪神の書店に「演劇のしおり」配布開始、従来の演劇ファン以外に公演情報を届ける手段として企画

関西の公演情報サイト「Daily Fringe Guide Osaka」が、書店で配布するしおりを宣伝媒体にした「演劇のしおり」を6月15日から開始した。しおりと同じデザインのバナー広告を同サイトに掲載し、各公演サイトへ ...
Continue Reading »

カンパニーを進化させ集客へと導く具体的な方法/(7)人気の逆輸入――他者の評価で価値に気づかせる

●分割掲載です。初めての方は(1)から順にご覧ください。 「人気の逆輸入」とはなにか あなたのカンパニーが本当に魅力的なら、本来は観客のクチコミで評判を呼び、身内客から一般客へ客層が広がっていくはずです。しかし、どんなに ...
Continue Reading »
募集情報

インディペンデントシアターオープンファクトリー/舞台裏のネコ「公演以外でファンと資金が増える!?最新のクラウドファンディング講座」

新規オープンしたクラウドファンディングサイトが、小劇場の持つ個性を価値として魅せる方法を提案。 http://www.butaneko.jp/news/?nid=4...
Continue Reading »
ケーススタディ

マームとジプシーが作品世界を活かした「エアーバレー」試合による秀逸なプロモーションイベント

若手注目株として、京都国際舞台芸術祭2010「KYOTO EXPERIMENT」フリンジ企画「HAPPLAY」、フェスティバル/トーキョー10(F/T10)公募プログラムの双方に参加したマームとジプシー(本拠地・神奈川県 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

演劇分野におけるUstreamの活用事例まとめ――どこまでコンテンツを見せるか、可能性の模索が続く

Ustreamの登場は、演劇分野でもプロモーションやコミュニケーションの可能性を大きく変えようとしている。これまで映像を届ける方法としてはYouTubeがあったが、公演の予告編やオリジナルコンテンツのオンデマンド配信に使 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

2010年からユースチケット急増、学生から25歳前後へ対象広がる

演劇界で従来の学生料金がユースチケットへ移行しつつある。10年になって設定する劇場・カンパニーが増加し、その傾向が強まっている。これまでの動きをまとめる。 ユースチケット自体は1990年代から存在しているが、従来は学生や ...
Continue Reading »
ケーススタディ

岐阜・可児市文化創造センター(アーラ)が進めるチケット販売改革による創客

可児市文化創造センター(岐阜県可児市、愛称・アーラ)が、自主事業のチケット販売改革を進めている。演劇評論家の衛紀生氏が2007年度の館長就任(07年度は非常勤、08年度から常勤)以来推進してきたもので、集客から創客への転 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

これぞ創客のお手本、店舗とコラボレーションした繁華街でのリーディング演劇祭「杜の都の演劇祭2009」開催

「杜の都の演劇祭2009」が2年目の開催を迎える。初回の2008年は劇団四季仙台ロングランに合わせ、仙台市中心部の飲食店など9会場でリーディング公演を実施した。喫茶や飲食込みで提供し、地元演劇界が一体となった新しい創客の ...
Continue Reading »