Today: 1507  Yesterday: 3270  Total: 14420158

Tag archives for チケット - Page 4

ケーススタディ

2010年からユースチケット急増、学生から25歳前後へ対象広がる

演劇界で従来の学生料金がユースチケットへ移行しつつある。10年になって設定する劇場・カンパニーが増加し、その傾向が強まっている。これまでの動きをまとめる。 ユースチケット自体は1990年代から存在しているが、従来は学生や ...
Continue Reading »
ケーススタディ

福岡・九州地域演劇祭が『夏の夜の夢』に合わせ前売開始を夏至に設定、ベロタクシーを使ったリーディングイベント開催

8月20日~9月8日に福岡市内で開催される福岡・九州地域演劇祭(主催/NPO法人FPAP)が、プロデュース公演『夏の夜の夢』(原作/シェイクスピア)にちなみ、全6公演の前売開始を夏至の6月21日に設定。そのプロモーション ...
Continue Reading »
ケーススタディ

岐阜・可児市文化創造センター(アーラ)が進めるチケット販売改革による創客

可児市文化創造センター(岐阜県可児市、愛称・アーラ)が、自主事業のチケット販売改革を進めている。演劇評論家の衛紀生氏が2007年度の館長就任(07年度は非常勤、08年度から常勤)以来推進してきたもので、集客から創客への転 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

名古屋市千種文化小劇場(ちくさ座)「千種セレクション」が異なる地域の2カンパニーを同時に見せる試み、06~07年の「366.0 project」が結実

名古屋市文化振興事業団と名古屋市千種文化小劇場(ちくさ座)が2月18日~27日に初開催した「千種セレクションvol.1~あなたは劇場と恋をする~」は、名古屋・東京の4団体を2団体ずつ連続上演し、1枚のチケットで2団体鑑賞 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

札幌・劇団千年王國の大阪公演でin→dependent theatreが怒涛のプロモーション、相内唯史プロデューサーが私財を投げ打って全額返金キャンペーン

劇団千年王國(本拠地・札幌市)の10周年記念ツアーがin→dependent theatre 2nd(大阪・日本橋)で1月30日~2月1日に行なわれ、同劇場の相内唯史プロデューサーが熱烈な応援キャンペーンを展開した。 同 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

小劇場界に広がりを見せる「はじめて割」「おか割」

風琴工房(本拠地・東京都中野区)が2008年4月公演で実施した初見客割引やリピーター向けクーポン券が、小劇場界で広がりを見せている。 風琴工房が最初に仕掛けたのは、「『つたえて』プロジェクト」というキャンペーン(2008 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

のこされ劇場≡が枝光本町商店街アイアンシアターの運営開始、「死ぬまで北九州で演劇作る」と宣言

北九州市八幡地区の空きビル(旧福岡銀行枝光支店)を、オーナーの光タクシーが2月に臨時劇場「枝光本町商店街アイアンシアター」として地元に開放したが(2009/3/5付本欄既報) 、同劇場プロデューサーにのこされ劇場≡(本拠 ...
Continue Reading »
ケーススタディ

東京・JACROWが20時開演・40歳以上割引の「大人が来やすくなるシステム」

JACROW(本拠地・東京都葛飾区)が、最新作(7/17~7/26、東京・サンモールスタジオ)でユニークな開演時間と料金を設定した。昭和の誘拐事件を描いた公演は、本編『明けない夜』(上演時間約90分)と外伝『それぞれの事 ...
Continue Reading »

武蔵野市民文化会館の集客力を朝日新聞が紹介、手づくりチラシの迫力に注目

平成20年度JAFRAアワード(主催/財団法人地域創造)を受賞した武蔵野市民文化会館(東京都武蔵野市)について、朝日新聞東京本社版1月27日付朝刊(多摩版)が観客動員の秘訣を紹介している。 同施設は大ホール(キャパ1,3 ...
Continue Reading »

東京・ニットイットが平日マチネ無料を「昼タダ」と名付けて実施

ニットイット(本拠地・東京都新宿区)は、次回公演(11/29?12/1、東京・千本桜ホール)で12月1日(月)マチネを「昼タダ」として無料にすることを発表した。 現在、小劇場界では元・庭劇団ペニノの野平久志氏が提唱した平 ...
Continue Reading »

東京・クロカミショウネン18が駅前劇場とOFF・OFFシアター同時使用の公演

クロカミショウネン18(本拠地・東京都豊島区)が、東京・下北沢の駅前劇場とOFF・OFFシアターを同時使用する公演を、9月4日~15日に行なう。2劇場の開演時間を合わせて関連する2作品を上演するもので、観客はチケットを別 ...
Continue Reading »

東京・ノアノオモチャバコがギャラリー・ルデコ3フロアを同時使用

ノアノオモチャバコ(本拠地・東京都中央区)が、5月21日~25日にギャラリー・ルデコ(東京・渋谷)の3フロアを同時使用した公演を開催する。 通常、同ギャラリーは1フロアごとに独立した展覧会や公演に使用されるが、今回は3? ...
Continue Reading »

東京・危婦人が佐世保バーガーとコラボレーション、オリジナルメニュー発売

危婦人(本拠地・東京都大田区)が、上演中の『江波戸さんちのにぎやかなひなまつり~三人官女のカクラン~』(2/27~3/2、東京・ザ・ポケット)で「ザッツバーガーカフェ中野ツタヤ横店」(佐世保バーガー)とコラボレーションし ...
Continue Reading »

東京・劇団夢現舎が「二度観チケット」導入、リピーター割引より効果的と訴える

劇団夢現舎(本拠地・東京都杉並区)は、次回公演(2/26~3/4、東京・アトラクターズ・スタジオ )で新たな券種として「二度観チケット」を限定50枚発売する。ペアチケットではなく、同一人物が2回観ることを前提としたチケッ ...
Continue Reading »