Pocket

in→dependent theatre PRODUCE「INDEPENDENT:2ndSeasonSelection」

in→dependent theatreグループ(大阪・日本橋)が2001年から毎年11月に開催している一人芝居フェスティバル「INDEPENDENT」。そのうち06年~10年のベストセレクションを再演する「INDEPENDENT:2ndSeasonSelection」を7月28日~9月17日に全国7都市ツアーしたが(2010/6/12付本欄既報)、台風15号の影響により、最終の沖縄公演で機材車を載せたフェリーが足止めとなるトラブルがあった。

沖縄はin→dependent theatreの手打ちで、会場は桜坂劇場ホールB(那覇・桜坂)。大阪・東京以外の5都市では、セレクション作品4本と地元作品2本を組み合わせ、1ブロック3本ずつ上演される。先乗りスタッフ・キャストは9月14日に現地入りし、15日に仕込み、16~17日に本番4ブロックを予定していた。

9/16(金)18:00/20:00
9/17(土)14:00/16:30

機材車はin→dependent theatreの相内唯史プロデューサーが自ら運転し、フェリーで15日9時30分に那覇新港へ到着する予定だった。阪神と沖縄を結ぶマルエーフェリーは4日に1便しかなく、9月は13日に大阪南港を出る那覇直行便が直近で、その前の10日は三重公演(9/9~9/10、津・三重県文化会館小ホール)と重なってしまうため、これしか選択肢がない状態だった。

ところが台風15号の接近により、出港時から到着遅れの可能性が説明され、14日夕方から鹿児島沖で洋上待機する事態となり、15日もそのままとなった。機材車には舞台設営の部材一式と照明・音響機材、出演者の小道具が積まれており、これらを使った公演が不可能となった。

鹿児島の陸地が見える距離での停泊で、携帯やデータ通信もなんとか接続出来たため、相内氏は会場のスタッフ・キャストと協議。公演中止ではなく、必要なものは現地調達して上演することを決意した。台風の接近で観客が来場出来ない事態も想定されたが、「可能性があるならそれに向かって全力で挑みたい」と決断したという。

それでも完全な状態での上演ではないため、料金の値下げを決定。前売2,500円/当日2,800円を前売1,500円/当日1,800円とし、前売券を購入した観客には受付で差額を返金した。前売・予約に対するプレゼント用パンフレットも届かないため、希望する観客に後日郵送する対応とした。これらを「大事なお知らせ」として、15日に公式ブログで発表した。

スタッフの努力により、舞台は通常の公演と変わらないレベルまで整った。音響で使用するMacintoshは機材車に積んでいたため、音響の須川忠俊氏(ALTERNAIT)が現地で買い直し、須川氏の手元にない一部データは船中で相内氏が加工し、Dropbox経由で送ったという。1 フェリーの4人部屋を1人で使用出来、電源も潤沢にあったため、作業がはかどったという。15日の仕込み後、タイムスケジュールどおりにリハーサルが始まり、その模様はSkypeを使って船中の相内氏にも中継された。

残りのスタッフ・キャストも15日~16日に飛行機を使って沖縄入りした。こちらも台風15号による欠航が心配されたが、台風の速度が遅かったため無事に到着した。

相内氏不在のまま初日を迎えると思われたが、関係者のツイートによると、16日に無理を言って鹿児島で下船させてもらい、初日の前説に間に合った。相内氏自身の報告を待ちたいが、ツイートの時間から推測すると、鹿児島空港から14時25分発のソラシドエア(スカイネットアジア航空)に搭乗したものと思われる。機材車はそのままフェリーに残し、那覇新港に着いてからピックアップすると思われる。2

in→dependent theatreのTwitter公式アカウントでは、相内氏が洋上待機の船中から、先乗りした制作の笠原希氏(righteye)が会場から状況を伝え、各地から合流するスタッフ・キャストの動きもリツイートやハッシュタグで伝わった。全国ツアー最終公演だけに、関係者の関心も高く、予定どおり開演出来るかを多くの人々が見守った。危機管理の事例として注目される。

最近の機材が届かないトラブルとしては、10年8月の「TACT/FESTIVAL」で、特別仕様の道具類を積んだ輸送船が遅延し、ベルギーのスタジオ・オルカが東京・大阪の全21ステージを中止している(ヘッドライン2010年8月4日付既報)。

in→dependent theatre 公式ブログ「【沖縄】チケット情報&詳細情報」
http://i-theatre.seesaa.net/article/213547119.html

in→dependent theatre 公式ブログ「沖縄公演に関して」
http://i-theatre.seesaa.net/article/226069120.html

Togetterまとめ「台風で機材車を載せたフェリーが足止めされた、in→dependent theatre PRODUCE『INDEPENDENT:2ndSeasonSelection / JAPAN TOUR』沖縄公演開演まで」
http://togetter.com/li/189470

(2011年9月25日追記)

「in→dependent theatre 公式ブログ」に「沖縄公演顛末記」が9月21日~24日掲載。それによると、フェリーが物資補給のため鹿児島港に3時間接舷し、買い出しの一時的下船も出来ると知らされ、フェリーの事務長に掛け合い、機材車を本人が那覇で受け取ることを条件に、そのまま下船を特別許可された。もう1名下船した乗客とフェリー会社が用意してくれた車で鹿児島駅に向かい、鹿児島空港行きのバスに間に合ったという。

in→dependent theatre 公式ブログ「沖縄公演顛末記」
http://i-theatre.seesaa.net/article/226983490.html

  1. 9月22日付のin→dependent theatre 公式ブログ「沖縄公演顛末記2」に基づき加筆。 []
  2. 9月24日付のin→dependent theatre 公式ブログ「沖縄公演顛末記4」で確認。 []