Today: 0186  Yesterday: 3434  Total: 10561884

Tag archives for 関西小劇場界 - Page 6

大阪の新劇場「in→dependent theatre 2nd」(仮称)が「柿落としシリーズ」公募開始

大阪・日本橋に今年10月オープンするキャパ150~200名の新劇場「in→dependent theatre 2nd」(仮称)(2004/5/26付本欄既報)の仮図面簡易版と、公募となる「柿落としシリーズ」の募集要項が6 ...
Continue Reading »

大阪に新しい小劇場が10月オープン、稽古場なども持つ複合シアタービル誕生へ

JUNGLE in→dependent theatre(大阪・日本橋)を運営する有限会社ジャングルは、劇場業務やイベント・映像製作を担当する企画部を分社化し、有限会社ウエストパワーを設立した。新会社は新劇場「in→dep ...
Continue Reading »

大阪・HEP HALLで全席指定公演が続く、他のカンパニーも積極的な導入を

HEP HALL(大阪・梅田)が2004年に入って全席指定の公演を多数行なっている。 これまで平土間の同ホールを全席指定にする公演は限られていたが、今年は遊気舎(2/5~2/8)、スペクタクル・ガーデン(3/7~3/9) ...
Continue Reading »

ウルトラマーケット(大阪城ホール内西倉庫)、2005年4月からの利用をオファー開始へ

ウルトラマーケット(大阪城ホール内西倉庫)は、5月17日から公演第2弾として南河内万歳一座+天下の台所改善隊プロデュース『日本三文オペラ~疾風馬鹿力篇~』を上演中だが(2004/5/6付本欄既報)、今後の展望を産経新聞大 ...
Continue Reading »

大阪現代演劇祭〈仮設劇場〉上演団体募集開始、劇場費無料で全国から応募可能

大阪市が進める大阪現代演劇祭「劇場シリーズ」は、デザインコンペで大賞受賞した 「仮設劇場WA」を実際に建設して公演を行なうが(2004/4/14付本欄既報)、その上演団体の募集が始まった。 「仮設劇場WA」は円形スペース ...
Continue Reading »

神戸新聞が関西小劇場界の上演スペース確保に関する概観記事掲載

神戸新聞4月24日付夕刊が、社会面で関西小劇場界の上演スペース確保に関する一連の動きを伝えている。 大阪城ホール西倉庫を活用したウルトラマーケット(2004/3/24付本欄既報)、大阪現代演劇祭〈仮設劇場〉デザインコンペ ...
Continue Reading »

大阪・精華小劇場、地元の理解を得られれば今秋にも開設――日経が報じる

日本経済新聞大阪本社版3月27日付朝刊が、大阪現代演劇祭〈仮設劇場〉デザインコンペ(2003/10/31付本欄既報)、大阪城ホール西倉庫を活用した「ウルトラマーケット」(2004/3/24付本欄既報)などの最新情報を伝え ...
Continue Reading »

大阪・ウルトラマーケット柿落とし無事終了、次回は5月に『日本三文オペラ』上演!

大阪の8カンパニーと舞台監督(鈴木田竜二氏、永易健介氏)が管理運営する、大阪城ホール(大阪・京橋)内西倉庫を利用した倉庫+仮設劇場のウルトラマーケット(2004/1/22付本欄既報)。その柿落としとなった南河内万歳一座『 ...
Continue Reading »

キョードー大阪が4月からチラシ折込代行開始

(2010年11月5日追記) この記事は2004年3月11日付のものです。キョードー大阪より、この記事で取り上げたサービスは終了したとの連絡をいただきましたので、同社へのお問い合わせはお控えください。元記事にありました連 ...
Continue Reading »

大阪・HEP HALLが4月から提携公演・協力公演を充実、過半数に適用へ

HEP HALL(大阪・梅田)が4月から新たな公演支援プログラムをスタートさせる。これまで一般の貸館が70%を占めていた公演形態を見直し、提携公演と協力公演の比率を過半数にするという。産経新聞大阪本社版2月28日付夕刊が ...
Continue Reading »

大阪城ホール内西倉庫(ウルトラマーケット)使用9団体に正式許可

産経新聞大阪本社版1月20日付夕刊によると、大阪の8カンパニーが交渉を続けてきた大阪城ホール内西倉庫(大阪・京橋、呼称「ウルトラマーケット」)の倉庫利用が正式に許可された(2003/12/18付本欄既報)。 記事によると ...
Continue Reading »

注目! 大阪で複数劇場による平日公演支援プログラムがスタート

公演が週末に偏りがちな大阪の劇場で、平日の公演を促進させるための動きが相次いでいる。劇場稼働率という経営上の命題に立ち向かうと共に、仕事帰りの観客を取り込んで演劇文化を身近に感じさせるために、平日に公演があることが当たり ...
Continue Reading »

南河内万歳一座が大阪城ホール内西倉庫での公演を正式発表

話題になっていた大阪・京橋の倉庫空間を使った公演(2003/11/20付本欄既報)を、南河内万歳一座(本拠地・大阪市)が12月12日に同倉庫で記者発表した。 この倉庫は大阪城ホール内西倉庫で、内藤裕敬氏が「ウルトラマーケ ...
Continue Reading »

大阪・京橋の倉庫空間、南河内万歳一座が来年3月の試験公演目指して交渉中

「大阪のど真ん中に小劇場を取り戻す会」が8月5日に開催した「劇場の卵について考える」(2003/9/10付本欄既報)。その詳細を伝えた同会ニュースレター第1号(10月10日発行)が、複数のWeb上で紹介されている。 全文 ...
Continue Reading »