Today: 1459  Yesterday: 3510  Total: 15254539

Archives for ケーススタディ - Page 11

舞台芸術のために国や自治体は民間劇場向けのイス設置奨励補助金を

なぜ、演劇が人々にとって身近な表現にならないのか。作品というソフトの面は別にすると、劇場というハードの面から最も改善が望まれるのが、客席に使われているイスのクオリティ向上だろう。贅を尽くした公共ホールは別として、民間の小 ...
Continue Reading »

舞台芸術のために自治体はステージコミッションの創設を

相変わらず全国で公共ホールの新設が続いているが、行政が舞台芸術に対してすべきことは劇場の整備ではない。むしろ劇場などいちばん最後でいいくらいで、都市部なら民間に任せておけばよい領域である。そこにわざわざ公共ホールを新設す ...
Continue Reading »

大阪・JUNGLE in→dependent theatreが破格の劇場費でロングラン公演募集

in→dependent theatreグループ(大阪・日本橋)は、キャパ約80名のJUNGLE in→dependent theatreを使った2~4週間の長期公演を公募する「in→dependent theatreロ ...
Continue Reading »

西田シャトナー演劇研究所が名古屋公演で早朝6:45開演を設定

2004年から名古屋に本拠地を移した西田シャトナー演劇研究所が、次回公演『ホントに?』(12/13~12/16)で12月15日(木)に早朝6:45開演(6:00開場)を設定した。 同作品は上演時間75分。終演は8:00の ...
Continue Reading »

ショーケースイベント「OSAKA SHORT PLAY FESTIVAL 2005 SUMMER」開催

大阪アートフェスティバル実行委員会主催で3月に開催されたショーケースイベント「OSAKA SHORT PLAY FESTIVAL 2005」(2005/2/10付本欄既報)の第2弾が、7月30日~8月1日に再び松下IMP ...
Continue Reading »

きらく企画が仙台市中心部の稽古場兼倉庫を劇場化、2007年一般オープンを目指す

仙台の若手演劇企画集団・きらく企画(本拠地・仙台市)が、仙台市中心部の五橋地区にある稽古場兼倉庫を仮設劇場化し、「OneLIFE」として3月24日に暫定オープンした。元々は木造の屋根付き駐車場だったものに壁や床を設けたと ...
Continue Reading »

in→dependent theatreグループが他地域からの招聘・サポート本格化、ロリータ男爵が関西初公演

in→dependent theatreグループ(大阪・日本橋)が、他地域からの招聘公演・サポート公演を本格化する。 キャパ200名のin→dependent theatre 2ndでは、2004年10月の柿落としでmm ...
Continue Reading »

KAVC・第3回スプリンクルシアター詳細発表、首都圏の若手に接する貴重な機会

第3回スプリンクルシアター(ガーディアン・ガーデン演劇フェスティバル神戸公演)は、第2回に続いて出場3団体が5月14日~15日に集中公演する。 ホールとシアターを持つ神戸アートビレッジセンター(KAVC)では、第3会場の ...
Continue Reading »

短編作品のショーケースイベント「OSAKA SHORT PLAY FESTIVAL 2005」開催

大阪府、大阪市、大阪商工会議所などで構成する大阪アートフェスティバル実行委員会は、3月19日~21日に短編演劇を集めた「OSAKA SHORT PLAY FESTIVAL 2005」(OSPF)をIMPホール(大阪・京橋 ...
Continue Reading »

マダムゴールドデュオがガーディアン・ガーデンでのぞき部屋形式のイベント公演

マダムゴールドデュオ(本拠地・東京都)が、第14回ガーディアン・ガーデン演劇フェスティバル出場作品(2/25~2/27、天王洲・スフィアメックス)として、のぞき部屋テーマパーク『原宿物語ランド』を上演する。同カンパニーが ...
Continue Reading »

地域創造助成の金太郎マークはなんとかならないのか

助成団体にクレームをつけることは、助成を受けている側にはなかなか出来ないことだが、財団法人地域創造の助成事業に付けられている、あの金太郎マークはなんとかならないのだろうか。赤い金太郎のイラストと共に、「宝くじは豊かさ築く ...
Continue Reading »

劇団四季がキャッツ・シアターの見切れで一部席のチケット料金全額返金

11月11日からオープンしたキャッツ・シアター(東京・大崎、約1,200席)の1階B席(1階両端ブロック)で「ステージ上の一部が見えづらくなっている」として、劇団四季は当該席の全額返金または一部返金を11月15日より実施 ...
Continue Reading »

二兎社『新・明暗』、初演で好評のオリジナル饅頭と純米吟醸を販売

二兎社が上演中の『新・明暗』(10/22~11/7、東京・世田谷パブリックシアターほか全国9か所)で、2002年の初演同様、作品にちなんだ飲食物のオリジナルグッズを販売している。 兎に見立てた「明暗饅頭」(税込150円/ ...
Continue Reading »

大阪・JUNGLE in→dependent theatreが9集団共通の和室舞台美術によるプロデュース公演

JUNGLE in→dependent theatre(大阪・日本橋)では、共通の舞台美術(和室)を使って9集団が上演する「極-KIWAMI-」を7月22日~8月29日に開催する。劇場自身のプロデュース公演となる。 和室 ...
Continue Reading »