Pocket

公演08
LiveUpCapsules『見晴らす丘の紳士』
3/7(水)~3/11(日) 北とぴあペガサスホール


●2018年3月12日

(広報宣伝)果てとチーク『ヤギの身代わり』(3/8~3/11、花まる学習会王子小劇場)で本チラシが折り込まれていた。【プラス1ポイント】

●2018年3月5日

(広報宣伝)ウンゲツィーファ『転職生』(2/28~3/4、王子スタジオ1)で本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。ぬいぐるみハンター『ゴミくずちゃん可愛い』(3/3~3/4、飛鳥山野外舞台)で本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。演劇祭パンフレットに渋沢栄一史料館館長との対談を掲載(プラス2ポイント)。【プラス4ポイント】

●2018年2月26日

LiveUpCapsules本チラシ

(企画内容)客演の宮原将護氏(大人の麦茶)が佐藤佐吉賞2016最優秀主演男優賞、舞台美術の鎌田朋子氏が佐藤佐吉賞2016最優秀舞台美術賞を受賞していたことを知る。宮原氏は2年連続受賞になるわけで、これは期待出来そう(プラス5ポイント)。公益財団法人渋沢栄一記念財団の協力を得ている(プラス5ポイント)。【プラス10ポイント】
(公演計画・票券)土曜マチネで託児サービス実施。【プラス3ポイント】
(広報宣伝)アガリスクエンターテイメント『卒業式、実行』(2/17~2/25、サンモールスタジオ)で本チラシが折り込まれていた(プラス2ポイント)。演劇組織KIMYO『ゴスン』(2/22~2/25、王子スタジオ1)に本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。演劇祭公式サイトと「CoRich舞台芸術!」に上演時間掲載(プラス5ポイント)。演劇祭特設ステーションに本チラシ設置(プラス1ポイント)。【プラス9ポイント】
(プロモーション)作品にちなんだ「見晴らす丘・飛鳥山ツアー」を公演前に2回実施。【プラス3ポイント】

●2018年2月12日

(広報宣伝)「カンフェティ」(Web+冊子3月号)に掲載。【プラス2ポイント】
⇒各公演の演劇ポータルサイト登録日・掲載日リスト(2018年2月12日現在)

●2018年2月5日

(企画内容)前作『スパイに口紅』で佐藤佐吉賞2017最優秀主演男優賞を受賞した宮原将護氏(大人の麦茶)が、引き続き出演することを知る。【プラス5ポイント】

●2018年1月29日
(企画内容)団体サイトによると、飛鳥山にあった渋沢栄一邸の「あの日」を描くという。まさに王子の演劇祭にふさわしい題材。これは期待出来そう。【プラス10ポイント】

●2018年1月22日

(公演計画・票券)枚数限定で高校生以下1,000円(プラス1ポイント)。平日ソワレは全日19:30開演(プラス3ポイント)。【プラス4ポイント】