Pocket

公演09
シラカン『坦々とおこり』
3/7(水)~3/11(日) 北とぴあカナリアホール


●2018年3月12日

(公演計画・票券)綾門優季氏・池亀三太氏のアフタートークを2月28日追加発表。【プラス6ポイント】
(広報宣伝)団体サイトに公演特設サイトがある(プラス5ポイント)。LiveUpCapsules『見晴らす丘の紳士』(3/7~3/11、北とぴあペガサスホール)で本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。果てとチーク『ヤギの身代わり』(3/8~3/11、花まる学習会王子小劇場)で本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。X-QUEST『義経ギャラクシー ―銀河鉄道と五条大橋の999―』(3/8~3/11、北とぴあつつじホール)で本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。【プラス8ポイント】

●2018年3月5日

(広報宣伝)演劇祭公式サイトに上演時間掲載(プラス3ポイント)。烏丸ストロークロック『まほろばの景』(3/1~3/4、東京芸術劇場シアターイースト)で本チラシが折り込まれていた(プラス2ポイント)。ウンゲツィーファ『転職生』(2/28~3/4、王子スタジオ1)で本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。ぬいぐるみハンター『ゴミくずちゃん可愛い』(3/3~3/4、飛鳥山野外舞台)で本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。「ステージナタリー」に3月5日掲載(プラス1ポイント)。【プラス8ポイント】
⇒各公演の演劇ポータルサイト登録日・掲載日リスト(2018年3月5日現在)

●2018年2月26日

シラカン本チラシ

(広報宣伝)演劇組織KIMYO『ゴスン』(2/22~2/25、王子スタジオ1)に本チラシが折り込まれていた(プラス1ポイント)。演劇祭特設ステーションに本チラシ設置(プラス1ポイント)。【プラス2ポイント】

●2018年1月29日

(公演計画・票券)土曜マチネで託児サービス実施。【プラス3ポイント】

●2018年1月22日

(公演計画・票券)高校生以下1,000円(プラス3ポイント)。平日ソワレは全日19:30開演(プラス3ポイント)。【プラス6ポイント】

●2018年1月8日

(企画内容)今回の公演が初ツアーになることを発表。自信作だからこそツアーにするはず。【プラス5ポイント】

●2017年12月25日

(企画内容)多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科演劇専攻卒業公演『大工』(12/23~12/25、東京芸術劇場シアターイースト)が素晴らしかったので、多摩美の学生演劇への期待が高まる。【プラス2ポイント】

●2017年12月11日

(プロモーション)多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科3年次上演制作実習『多摩美能楽集』(12/9~12/10、多摩美術大学上野毛キャンパス演劇舞踊スタジオB)を観る。私が上野毛在住で、糸井幸之介ゼミということで興味を持ったが、実際は学生による集団創作で、幕間の狂言が抜群の完成度だった。これを担当したのは糸井講師自身ではないかと思ったら、西岳という学生のクレジット。検索するとこの年次のメンバーで「シラカン」を結成しており、第2回全国学生演劇祭3冠「F/T17」プログラム「実験と対話の劇場 ―新しい人/出来事の演劇―」(キュレーション/松田正隆)に招聘されていた。これは観るべき団体だと思った。【プラス10ポイント】