Pocket

公演09
シラカン『坦々とおこり』
3/7(水)~3/11(日) 北とぴあカナリアホール


●2018年1月8日

(企画内容)今回の公演が初ツアーになることを発表。自信作だからこそツアーにするはず。【プラス5ポイント】

●2017年12月25日

(企画内容)多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科演劇専攻卒業公演『大工』(12/23~12/25、東京芸術劇場シアターイースト)が素晴らしかったので、多摩美の学生演劇への期待が高まる。【プラス2ポイント】

●2017年12月11日

(プロモーション)多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科3年次上演制作実習『多摩美能楽集』(12/9~12/10、多摩美術大学上野毛キャンパス演劇舞踊スタジオB)を観る。私が上野毛在住で、糸井幸之介ゼミということで興味を持ったが、実際は学生による集団創作で、幕間の狂言が抜群の完成度だった。これを担当したのは糸井講師自身ではないかと思ったら、西岳という学生のクレジット。検索するとこの年次のメンバーで「シラカン」を結成しており、第2回全国学生演劇祭3冠「F/T17」プログラム「実験と対話の劇場 ―新しい人/出来事の演劇―」(キュレーション/松田正隆)に招聘されていた。これは観るべき団体だと思った。【プラス10ポイント】