Today: 3354  Yesterday: 3356  Total: 9192548

Tag archives for 戯曲

助成金に採択される可能性を高める申請書の書き方(2)

●分割掲載です。初めての方は(1)から順にご覧ください。 公的助成は「どのように社会に貢献するか」を書く 日本芸術文化振興会では、日本版アーツカウンシルの試行的取り組みとして、助成対象活動の事後評価、助成事業に関する調査 ...
Continue Reading »
ナレッジ

公演契約に役立つ情報源・サンプルへのリンク集

買取公演 買取公演の公演契約書サンプル 平成12年度関東甲信越静地区公立文化施設協議会自主事業研修会「自主事業等の契約行為における注意点」(講師/手塚明氏)で使用されたサンプル。 実演を含む著作権契約全般 文化庁「誰でも ...
Continue Reading »
募集情報

公益財団法人セゾン文化財団「2014年度現代演劇・舞踊対象公募プログラム」サバティカル/パートナーシップ・プログラム/レジデンス・イン・森下スタジオ申請書提出締切

助成対象期間は2014年4月1日~15年3月31日だが、森下スタジオは4月9日~5月25日はリニューアル工事予定で使用不可。複数プログラム併願可(1プログラムにつき1件のみ)。 http://www.saison.or. ...
Continue Reading »
募集情報

公益財団法人セゾン文化財団「2014年度現代演劇・舞踊対象公募プログラム」セゾン・フェロー申請書提出締切

助成対象期間は2014年4月1日~15年3月31日だが、森下スタジオは4月9日~5月25日はリニューアル工事予定で使用不可。複数プログラム併願可(1プログラムにつき1件のみ)。 http://www.saison.or. ...
Continue Reading »
募集情報

公益財団法人セゾン文化財団「2014年度現代演劇・舞踊対象公募プログラム」サバティカル/パートナーシップ・プログラム/レジデンス・イン・森下スタジオ申請書交付

助成対象期間は2014年4月1日~15年3月31日だが、森下スタジオは4月9日~5月25日はリニューアル工事予定で使用不可。複数プログラム併願可(1プログラムにつき1件のみ)。 http://www.saison.or. ...
Continue Reading »
募集情報

公益財団法人セゾン文化財団「2014年度現代演劇・舞踊対象公募プログラム」セゾン・フェロー申請書交付

助成対象期間は2014年4月1日~15年3月31日だが、森下スタジオは4月9日~5月25日はリニューアル工事予定で使用不可。複数プログラム併願可(1プログラムにつき1件のみ)。 http://www.saison.or. ...
Continue Reading »
募集情報

ARC>T(Art Revival Connection TOHOKU)~共に歩いた288日、そしてこれから~「来て、見て、あるくと。」あるくとサロン3・レポート「クリエーションを通して繋がっていく」くらもちひろゆき氏(架空の劇団)+石川裕人氏(TheatreGroup”OCT/PASS”)ネット中継あり

東北の表現活動の活性化に必要なアーティスト個々のクリエーション、スキルアップについて、創作の現場からの報告。表現者たちは震災体験でなにが変化し、なにが変わらないのか。ゲストはくらもちひろゆき氏(架空の劇団、本拠地・盛岡市 ...
Continue Reading »
募集情報

第6回福岡演劇フェスティバル「公募枠」参加団体募集、今回から九州・山口エリア出身の劇作家・演出家を擁する団体もOK

今回から九州・山口エリアで活動する団体に加え、九州・山口エリア出身の劇作家・演出家を擁する団体も対象。2012年4月下旬~5月中旬に西鉄ホール(福岡・天神)で1ステージ以上上演。仕込み1日+本番1日の劇場費全免。それ以上 ...
Continue Reading »

劇作家協会公開講座2011年夏「大震災と演劇」野田秀樹氏と別役実氏の対談、劇作家多数参加のリレートーク

日本劇作家協会による「次代を担う劇作家のための戯曲創作指導講座」の年1回の公開講座。2日目を「大震災と演劇」とし、プログラム単位で受講可。 http://www.jpwa.org/main/content/view/12 ...
Continue Reading »

京都舞台芸術協会2012年度協会プロデュース公演演出家募集、田辺剛新作を京都・愛知で上演

田辺剛氏(下鴨車窓)の新作を連続上演する演出家2名を公募。本拠地・経験不問(稽古・本番中の京都滞在費は自己負担)。11月上旬のコンペティション上演(上演時間30分の田辺剛作品)を経て、12年度に京都・愛知で本公演。上演費 ...
Continue Reading »

劇都仙台2010連続シンポジウム「劇都仙台のこれから」#7「戯曲賞+演劇プロデュース公演―地域における戯曲賞の意義」山納洋氏

仙台市市民文化事業団+仙台市主催。ファシリテーターは森忠治氏(tripodプロデューサー)。八巻寿文氏(せんだい演劇工房10-BOX工房長)からの報告、山納洋氏(大阪ガス近畿圏部)を迎えてのトークセッション。無料。 山納 ...
Continue Reading »