カテゴリー別アーカイブ: さくてき博多一本締め

地域でのロングラン|福岡で3劇団が3ヶ月続けて小劇場ロングラン公演 

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 福岡で3つの劇団が10月、11月、12月と3ヶ月続けて小劇場ロングラン公演を行っています。

 その3つの劇団は、それぞれ旗揚げから、5年目、10年目、15年目となっていて、若手・中堅・ベテランの劇団によるロングラン公演です。

 東京では小劇場のロングラン公演は、日常的に行われていますが、東京以外の地域では珍しいと言っていいでしょう。

続きを読む

今さら聞けない、芸術文化振興基金の助成金について

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 国内最大の助成制度である芸術文化振興基金の募集案内が公開されました。
http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/bosyuu_0.html

 ジャンルやレベルによる区分けがあり、慣れてないと何がなんだかわからないでしょう。

 そこで、大雑把に言いますと以下のように理解されるといいんじゃないでしょうか。

続きを読む

6月の「劇作家大会」「佐藤佐吉演劇祭2014+」は地域の若いカンパニーの制作者もアンテナを伸ばしておく企画

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 地域の若いカンパニーの制作者は、6月の両企画に向けて、ひとつだけ仕事をしなければならないのではないかと思います。

 それは、
・9年ぶりとなる「劇作家大会」(兵庫県)
・初となる同時多発型の「佐藤佐吉演劇祭2014+」(東京)

 このうちのどちらか一つに、カンパニーの劇作家/演出家を送り込むべきだということです。

続きを読む

あいちトリエンナーレ|中日新聞の座談会を高く評価するとともに、同新聞に反論も同等レベルの扱いで載せるべき

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 愛知県で行われた総合芸術祭「あいちトリエンナーレ2013」。中日新聞による記者座談会と銘打たれた記事がネット上で波紋を広げています。

 芸術祭や演劇祭を紹介するような新聞記事はよく見ます。
 ひとつの公演や催事という「木(作品)」への批評・感想というものもよくありますが、それと同じように総合芸術祭という「森(企画)」を捉えての批評・感想も重要だと思います。けれども、これまでの地域の批評シーンでは、そういった総合芸術祭企画という「森(企画)」への批評は殆ど行われてなかったのではないでしょうか。

続きを読む

「劇場法の指針(案)」パブコメへの回答|地域間格差の国政府の責務に前進が見られない

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

「劇場、音楽堂等の事業の活性化のための取組に関する指針(案)」のパブコメへの回答として、「劇場,音楽堂等の事業の活性化のための取組に関する指針案に関する意見募集の結果について」 が先日文化庁サイトで公開されていました。

多くの意見提出に、回答している担当部局の労に頭がさがる思いです。

私の方からは、地域間格差の緩和に関するところに意見を提出しており、そのうちの一つには回答がありました。

私からは以下のように意見を出しておりました

続きを読む

大都市から離れた人口3万人の市町村で劇団活動は可能なのか

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

本土でもっとも南の県である鹿児島県の北部に伊佐市という人口約3万人の市があります。周辺の都市からもはなれており、人口約60万人の鹿児島市まで車で1時間30分程度を要します。
伊佐市といえば焼酎が有名です。伊佐錦・伊佐美・伊佐大泉という焼酎の銘柄にピンと来る方がいらっしゃるかもしれません。

先日(4/13)この伊佐市に拠点を置いて活動する「演劇集団非常口」の公演に行ってきました。福岡からだと九州新幹線から路線バスに乗り継いで約2時間。2時間というとそんなに遠い印象はありませんが、そのバスは1日4本です。バスの時間にあわせての移動です。
市街から少し離れた運動公園と同じ敷地に伊佐市文化会館があります。1300席の大ホールの舞台上につくられた特設劇場が、今回の公演「四畳半の翅音」の会場です。

続きを読む

芸術文化振興基金5年間の都道府県別採択状況に思う

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

芸文助成の採択団体の都道府県が記載されるようになって今回で5回目になります。
これまでの5回の現代舞台芸術創造普及活動(演劇部門)の都道府県別の採択状況を調べていましたが、東京都以外に所在する団体の占める割合が増加傾向にあるようです。

グラフ

棒グラフになっているのは、現代舞台芸術創造普及活動(演劇部門)の内定額総額の推移です。芸術文化振興基金の全体の内定総額が下がっていることの影響を受けているようです。景気の回復や株価の上昇など来年度以降の額の増加を期待したいところです。

続きを読む

KYOTO EXPERIMENT 2011 DOCUMENTS

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 KYOTO EXPERIMENT 2011 DOCUMENTSを拝読しました。140ページに及ぶ充実した内容でKYOTO EXPERIMENT 2011を総括するものとなっています。まだすべてに目を通せていませんが、自分たちの地域での演劇活動を振り返るためにも大変参考となる内容です。

続きを読む

5分でわかる!? 「劇場法の指針(案)」のつくりをざっくりと把握する

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

「劇場、音楽堂等の事業の活性化のための取組に関する指針(案)」が公開され、現在案についての意見募集がおこなわれています。締め切りは12月21日となっています。

私も指針案を読んでいるところで、信頼性の高いことを言える自信はないのですが、そういう需要もあるかと考え拙速に「劇場法の指針(案)」を読み解いていきたいと思います。

続きを読む