カテゴリー別アーカイブ: さくてき博多一本締め

CoRich舞台芸術まつり!は世界に誇れる日本の演劇フェスティバル

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 日本を代表する演劇祭ないしは見本市といえば、F/TやTPAMの名前が思い浮かびます。質・量、企画のコンセプトなど日本を代表する演劇祭でしょう。

 しかしおなじような趣旨や規模の演劇祭は、他国にもあるのではないかと思います。演劇が盛んとされる国では、同趣旨の演劇祭がきっとあるでしょう。

 一方、CoRich舞台芸術まつり!はとてもユニークな演劇祭です。

 その国のどこで活動していても無料で応募できます。一次選考を突破すれば複数の審査員が公演を見に来てくれて、俳優賞も備えた演劇各賞の審査対象になります。

 日本のどこで活動していても、しっかりと評価される機会があるわけです。これは、東京や大阪といった大都市以外で活動する劇団にとっては、本当にありがたいことです。今の日本では、CoRich舞台芸術まつり!以外にそのような機会はありません。

 5人の審査員が全国の公演を見に行くとなると、費用もばかにならないわけですが、無償でそのような日本の演劇シーンを活性化するための企画をやってくれていることに頭が下がります。

 たとえば、他国の首都以外の都市で、このような演劇祭が日本にあるが、こちらの国ではそのような演劇祭があるか?と聞いてみたら、目からうろこな反応とともに、日本の演劇シーンへのリスペクトが得られると思います。

 このような演劇祭は他国にはないか、あっても数えるほどなのではないかと思います。私もいろいろな国の状況を詳らかに知っているわけではないので、断言はできませんが、他国での例がありましたら、教えていただきたいと思います。

 いま日本の舞台芸術シーンで、もっとも大きな課題の一つは、地域間格差の緩和です。劇場法では、この問題が国政府の責任と明記されていますが、今のところ目立った進展はないようです。
 この問題に、CoRich舞台芸術まつり!は有効な回答を提示しています。

 ユニークであり、日本の演劇シーンが抱える問題に有効な回答を出していることを考えると、CoRich舞台芸術まつり!は世界に誇れる日本の演劇フェスティバルであるといって差し支え無いと思います。
 日本の演劇祭を外国に紹介するときに、外してはならない存在だと思います。

芸術文化振興基金 8年間の都道府県別採択状況をみて

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

芸術文化振興基金 助成実績
http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/about/results.html

 平成28年度の結果から、現代舞台芸術創造普及活動(演劇部門)の採択を東京・非東京にわけてグラフ化したものが、以下の表です。
 棒グラフは内定額の総額 青線は非東京の件数ベースでの比率 ピンクは金額ベースでの比率です。

続きを読む

文化庁の京都移転についての諸意見について思う

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 文化庁が京都に移転するというニュースを2月に知りました。
 そこから4ヶ月ほどたち、このトピックについての意見もチラホラと目にするようになってきました。

続きを読む

福岡の若手劇団の素晴らしい作品が、今週末東京で上演されます。2/13,14王子小劇場。

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 fringeブログでこういうことを書いていいものかどうなのか迷いましたが、もしかしたら、ちょっとすごい作品なのではないかと思い、ブログを書いています。

 2/13,14に、東京の王子小劇場で演劇ユニットそめごころというカンパニーが公演を行います。
 このカンパニーは旗揚げ3年目、平均年齢が23歳のカンパニーです。
 脚本の石田聖也はせんだい短編戯曲賞の最終選考に残り、俳優の田島宏人は2年前に名古屋学生演劇祭にて俳優賞を受賞するなど、福岡で注目を集めています。

続きを読む

商業劇場 博多座「めんたいぴりり」を見て感じたこと

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 テレビドラマ「めんたいぴりり」(原作:川原健)が舞台化された作品を福岡の商業劇場博多座でみてきました。

「めんたいぴりり」は実存する明太子製造・販売会社の創業者夫妻が、戦争を乗り越え、明太子を誕生させるまでの奮闘を描いた物語。2013年8月に福岡 ローカルで放送されたドラマは好評を博し、フジテレビ系列14局と韓国・釜山のKNNでも放送されたほか、第30回ATP賞、第51回ギャラクシー賞でそ れぞれ奨励賞を受賞、2014年8月にはDVDが発売されるなど、広く愛される作品となった。
http://natalie.mu/owarai/news/138786 より

続きを読む

芸術文化振興基金 7年間の都道府県別採択状況をみて

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

平成27年度の芸術文化振興基金の採択内定状況が公開されましたね。
http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/about/results.html

このうち、現代舞台芸術創造普及活動(演劇部門)の採択を東京・非東京にわけてグラフ化したものが、以下の表です。
棒グラフは内定額の総額 青線は非東京の件数ベースでの比率 ピンクは金額ベースでの比率です。

続きを読む

地域でのロングラン|福岡で3劇団が3ヶ月続けて小劇場ロングラン公演 

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 福岡で3つの劇団が10月、11月、12月と3ヶ月続けて小劇場ロングラン公演を行っています。

 その3つの劇団は、それぞれ旗揚げから、5年目、10年目、15年目となっていて、若手・中堅・ベテランの劇団によるロングラン公演です。

 東京では小劇場のロングラン公演は、日常的に行われていますが、東京以外の地域では珍しいと言っていいでしょう。

続きを読む

今さら聞けない、芸術文化振興基金の助成金について

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 国内最大の助成制度である芸術文化振興基金の募集案内が公開されました。
http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/bosyuu_0.html

 ジャンルやレベルによる区分けがあり、慣れてないと何がなんだかわからないでしょう。

 そこで、大雑把に言いますと以下のように理解されるといいんじゃないでしょうか。

続きを読む

6月の「劇作家大会」「佐藤佐吉演劇祭2014+」は地域の若いカンパニーの制作者もアンテナを伸ばしておく企画

カテゴリー: さくてき博多一本締め | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

 地域の若いカンパニーの制作者は、6月の両企画に向けて、ひとつだけ仕事をしなければならないのではないかと思います。

 それは、
・9年ぶりとなる「劇作家大会」(兵庫県)
・初となる同時多発型の「佐藤佐吉演劇祭2014+」(東京)

 このうちのどちらか一つに、カンパニーの劇作家/演出家を送り込むべきだということです。

続きを読む