カテゴリー別アーカイブ: フリンジのリフジン

青山劇場・青山円形劇場の存続について思うこと――劇場という「施設」を残す議論ではなく「機能」を残す議論に

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

大規模修繕の工事費が確保出来ず、2015年2月に閉館したこどもの城(東京・青山)。公益財団法人児童育成協会が管理運営する施設で、併設された青山劇場・青山円形劇場も閉館となり、演劇界に大きな衝撃を与えたことは記憶に新しい。舛添要一前知事が構想していた跡地への都立広尾病院移転拡充が小池百合子知事になって白紙撤回され、建物自体は修繕すれば使えるはずということで、存続を求める声が高まっている。

続きを読む

『シアターアーツ』「2017AICT会員アンケート」、私のベスト5は『ちょっと、まってください』『人間の条件』『Lullaby』『心中天の網島―2017リクリエーション版―』『アンネの日』

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

5月20日付で発行された、AICT(国際演劇評論家協会)日本センター『シアターアーツ』(晩成書房)62号掲載の「2017AICT会員アンケート」に参加させていただいた。

続きを読む

私が選ぶベストワン2017

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

日本劇団協議会機関誌『join』の「私が選ぶベストワン2017」に参加させていただいた。2月末発行予定の90号に掲載されるそうだ。

続きを読む

OMS戯曲賞は大賞受賞作品再演に対する助成を「受賞翌年度」から「受賞翌々年度」に延長してほしい――匿名劇壇『悪い癖』が東京公演しないのは惜しすぎる

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

匿名劇壇『悪い癖』(再演)

いま関西でも最も勢いがあると言われている若手カンパニー、匿名劇壇の代表作『悪い癖』がAI・HALL(兵庫県伊丹市)で10月26日~29日に再演中だ。

続きを読む

『シアターアーツ』「2016AICT会員アンケート」、私のベスト5は『ロクな死にかた』『演劇』『治天ノ君』『来てけつかるべき新世界』『ニッポン・サポート・センター』

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

5月20日に発行された、AICT(国際演劇評論家協会)日本センター『シアターアーツ』(晩成書房)61号掲載の「2016AICT会員アンケート」に参加させていただいた。

続きを読む

「Daily Fringe Guide Osaka」が個人による更新終了を発表、その功績を振り返る――観客と関西小劇場界にとって、単なる公演情報ではなく明日を探す地図のような存在

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

関西を中心とした公演情報サイト「Daily Fringe Guide Osaka」を運営している山本篤史氏が、6月30日をもって個人での更新を終了することを5月13日発表した。サイト本体だけでなく、毎朝5時55分からTwitter(@DFG_Osaka)で配信している当日の公演情報も終了する。

続きを読む

『ライブパフォーマンスと地域 伝統・芸術・大衆文化』が東京と広島の小劇場演劇を比較検証、地理学の見地から「地方都市で小劇場演劇は成り立つか?」を考える

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

地理学者による研究書、神谷浩夫+山本健太+和田崇編『ライブパフォーマンスと地域 伝統・芸術・大衆文化』(ナカニシヤ出版、2017年)が今年1月20日に出版された。

続きを読む

私が選ぶベストワン2016

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

久しぶりに日本劇団協議会機関誌『join』88号特集「私が選ぶベストワン2016」に参加させていただいた。今回から発行時期が早まり、例年の3月末から2月末になるそうだ。

続きを読む

上演中スマートフォンの「機内モード」を認めることに異議あり、なぜ「電源は必ずお切りください」にしないのか

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

上演中は携帯電話・スマートフォンなど、音の出る機器を電源から切るようお願いするのが一般的だが、小劇場で最近「電源から切るか、機内モードにしていただくよう」というアナウンスを聞くようになった。私の場合、今年に入って3公演で遭遇した。

続きを読む

私がいま旗揚げカンパニーのチラシをつくるとしたらB5判でつくる。そのほうがA4判だらけのチラシ束で印象に残るから

カテゴリー: フリンジのリフジン | 投稿日: | 投稿者:
Pocket

ヨーロッパ企画『来てけつかるべき新世界』

舞台芸術のチラシは、1990年代前半まで映画と同じB5判が主流だった。A4判化が急激に進んだのは93年からで、A4判が多くなってくるとB5判が目立たなくなってしまい、現在ではA4判のほうが一般的になった。昔からのフォーマットを崩したくない一部カンパニーだけがB5判を続けている状態だ。

続きを読む