高知県立美術館&ON-PAM共同主催事業シンポジウム&ディスカッション「オリンピックは地域振興の起爆剤と成り得るのか?-オリンピック×芸術文化-」

更新順 掲示板別 制作者向け情報 高知県立美術館&ON-PAM共同主催事業シンポジウム&ディスカッション「オリンピックは地域振興の起爆剤と成り得るのか?-オリンピック×芸術文化-」 

このトピックには 0 返信 、 1 ボイス が含まれます。 最終更新 by  @OpenNetwork_PAM 3 年, 11 月 前.

  • 著者
    投稿
  • #418

    @OpenNetwork_PAM
    寄稿者

    舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)第2回企画委員会を高知で開催します。シンポジウム、ディスカッションの他、高知県立美術館ホール事業の活動紹介や、滞在中のインドネシアのレジデンスアーティストの活動もご覧いただきます。ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。
    ※7日は会員でない方も参加できます。
    -----------------------------
    開催日:平成27年8月7日(金)-8日(土)
    会場:高知県立美術館1階 講義室
    定員:50名 ※参加費無料
    参加申込:ON-PAM申込フォーム(http://u999u.info/lqys)より申込み
    参加対象者:ON-PAM会員、県市町の芸術文化担当者、公共文化施設の職員、学芸員、制作者、地域NPO、アートマネージメント、地域マネージメントなどに関心のある方

    ■8月7日 ※非会員も参加可
    シンポジウム「オリンピックは地域振興の起爆剤と成り得るのか?-オリンピック×芸術文化-」
    2020年東京オリンピック開催へ向けて現在どのような動きがあるのか。オリンピックはスポーツだけでなく文化の祭典でもあり、毎回並行して複数の文化プログラムが開催されています。東京オリンピックにおいても、政府は全国で芸術文化事業の開催を提示していますが、東京以外の地域ではその動きが見えづらいのが現状です。本シンポジウムでは、その取り組みを知る方をスピーカーに招き、芸術文化や地域マネージメントなどに携わる者が、この機会を地域振興につなげるためにどのような関わり方や可能性があるのかを考えたいと思います。

    13:00-14:00 プレゼンテーション1 吉本光宏氏(株式会社ニッセイ基礎研究所 研究理事)
    14:00-14:30 プレゼンテーション2 正野圭治氏(国際交流基金 企画部総合戦略課長)
    (10分休憩)
    14:40-16:00 ディスカッション&質疑応答(モデレーター:藤田直義(高知県立美術館 館長))
    16:20-17:20 参加者によるディスカッション(ファシリテーター:斎藤努(ON-PAM理事))
    18:30- 懇親会 ※申込みの際に参加の有無をお知らせください。

    <スピーカー紹介>
    吉本光宏(株式会社ニッセイ基礎研究所 研究理事)
    1958年徳島県生。文化施設開発やアートワーク計画のコンサルタントとして活躍の他、文化政策、創造都市、五輪文化プログラム等の調査研究に携わる。文化審議会文化政策部会委員、文化庁2020年に向けた文化イベント等の在り方検討会座長、東京芸術文化評議会文化プログラム検討部会部会長、文科省オリパラ教育に関する有識者会議委員等を歴任。

    正野圭治(国際交流基金 企画部総合戦略課長)
    1989 (平成元)年国際交流基金入社、ロサンゼルス日本語センター、ニューヨーク日本文化センター等での勤務の後、 2009 (平成 21 )年より2年間、国際交流・広報課長として政策研究大学院大学に出向、復職後、経理部会計課長を経て 2014 (平成 26 )年より現職。オリンピック・パラリンピック他オール・ジャパン関連の施策を担当。

    ■8月8日(土) *ON-PAM会員のみ参加可
    10:00-12:00 高知県立美術館ホール活動紹介、レジデンスアーティスト、ペーパームーン・パペット・シアター(インドネシア)の公開制作見学。(案内人:山浦日紗子(高知県立美術館ホールプロデューサー、ON-PAM理事))
    13:00-16:00 近隣施設の見学ツアー ※希望者のみ、途中退出可 12時より昼食(個別でも可)を取り、13時よりウォーキングツアー。見学施設(予定):蛸蔵、かつおゲストハウス、沢田マンション(案内人:斎藤努(ON-PAM理事))

    ■舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)とは?
    アーティスト・芸術団体と観客の間を繋ぐ全国的・国際的な会員制ネットワークです。舞台芸術の制作実務を推進する者が主体的に参加し、各々の仕事を通じて日々更新される情報やアイディアを交換、共有し、活動の展開をつなげる場の形成を目標とします。2015年度は、議論の継続性を重視した「テーマ委員会」(4回)と、舞台芸術に関する特色ある取り組みや、地域で行われている活動の現場を訪ねる「企画委員会」(3回)を開催します。www.onpam.net/

    ■会場へのアクセスは高知県立美術館公式サイト(http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/)をご参照ください。

    ■宿泊、交通手段など
    ・ご自身でご手配ください。航空機とのパックがお安い場合がありますので、交通手段と合わせてお調べください。繁忙期、また8月9日から「よさこい祭」開催のため、早めの予約をお勧めします。お時間に余裕のある方は、ぜひ県内の一大イベント「よさこい祭」もご覧ください。
    ・宿泊先や移動方法など、何か相談事がある方は下記まで気軽にご連絡ください。斎藤努(ON-PAM理事)mail:onpamkochi☆spacetrip.jp(☆を@に変換して送信ください)

    ■問い合わせ:
    プログラムに関する事:山浦日紗子(高知県立美術館、ON-PAM理事)美術館088-866-8000
    宿泊等に関する事:斎藤努(ON-PAM理事)mail:onpamkochi☆spacetrip.jp(☆を@に変換して送信ください)

    主催:高知県立美術館 舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)

トピックに返信するにはログインしてください。