岩井秀人(ハイバイ主宰)ワークショップ in 名古屋

更新順 掲示板別 お知らせ掲示板 岩井秀人(ハイバイ主宰)ワークショップ in 名古屋 

このトピックには 0 返信 、 1 ボイス が含まれます。 最終更新 by  @nagoya_drama_la 1 年, 5 月 前.

  • 著者
    投稿
  • #1617

    @nagoya_drama_la
    寄稿者

    ■岩井秀人(ハイバイ主宰) ワークショップ

    【明日、10月20日より参加申し込み受付開始】2012年、PARCO劇場で初演し、好評を博した『ヒッキー・ソトニデテミターノ』(作・演出:岩井秀人)、2018年2月〜3月に岩井秀人主演でいよいよハイバイが劇団初演、海外を含む5都市ツアーを実施。その関連企画として、岩井秀人ワークショップを開催します。

    ◉岩井秀人(ハイバイ主宰)ワークショップ
    ハイバイ『ヒッキー・ソトニデテミターノ』
    三重県文化会館公演 関連企画

    □日程:2017年12月15日(金)19時〜22時
    □会場:名古屋市演劇練習館アクテノン
    □参加費:2,500円
    □定員:16名(先着順)※10/20より受付開始。
    □対象:演劇活動をしている俳優

    ■お申し込み方法など詳細

    http://workshop360nagoya.wixsite.com/home/iwai-ws2017

    ———

    今回のワークショップは、俳優さん向けのものです。エチュードを通してその人なりの喋り方とか、社会性とかエクスキューズを発見し、その人ならではの演技を組み立てられればと思います。それが、その人が俳優をやってることの意味にも繋がると思います。ハイバイでは基本的に人間の愚かさを描いているので、みんなでその愚かさに、真剣に巻き込まれて遊びましょう。(ハイバイ主宰・岩井秀人)

    ■岩井秀人 プロフィル
    2003 年ハイバイを結成。 2007 年より青年団演出部に所属。 東京であり東京でない小金井の持つ「大衆の流行やムーブメントを憧れつつ引いて眺める目線」 を武器に、家族、引きこもり、集団と個人、個人の自意識の渦、等々についての描写を続けている 注目の劇団ハイバイの主宰。2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で 第30回向田邦子賞、2013年「ある女」で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。 代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」「おねがい放課後」「て」。

    ———–

    ■ハイバイ『ヒッキー・ソトニデテミターノ』
    作・演出:岩井秀人
    三重県文化会館公演情報|主催:三重県文化会館

    引きこもり生活からひとまずは脱出した登美男は、「出張お姉さん」の黒木と共に、現在引きこもりの人々に会いに行っている。そこで出会った、二人の引きこもり。暴力をもって親に接しているが、そこに他人が現れた瞬間、出来すぎなほどの社会性を発揮する、二十歳の太郎。 「もし道端で他人に道を聞かれたらどういった態度で、どう返答すればいいのか、その答えを探している」と、四十を過ぎて年金生活の父に養わせている和夫。なんとかその二人を、引きこもりを外に出すための前段階としての「寮」に住まわせることに成功し、登美男はかつての引きこもり経験を元に、二人と打ち解けていくのだが…。

    ■日程|2018年
    3月3日(土)14時開演
    3月3日(土)18時開演
    3月4日(日)14時開演
    ■会場
    三重県文化会館 小ホール
    ■料金|整理番号付き自由席
    一般:3,000円
    25歳以下:1,500円

    ——-

    【名古屋演劇教室】
    ○mail:workshop360nagoya@gmail.com
    ○HP:http://workshop360nagoya.wix.com/home
    ○Facebook:http://www.facebook.com/NagoyaDramaLabo
    ○Twitter:https://twitter.com/nagoya_drama_la
    ○News Letter:http://workshop360nagoya.wix.com/home#!blank-9/ca2u

トピックに返信するにはログインしてください。