【申込受付中】F/Tシンポジウム『アートフェスティバルの展望』

更新順 掲示板別 制作者向け情報 【申込受付中】F/Tシンポジウム『アートフェスティバルの展望』 

このトピックには 0 返信 、 1 ボイス が含まれます。 最終更新 by  フェスティバル/ トーキョー 4 年, 3 月 前.

  • 著者
    投稿
  • #514

    =======================================================
    フェスティバル/トーキョー15
    シンポジウム『アートフェスティバルの展望』

    日程:10月30日(金)14:00(テーマ1)、19:00(テーマ2)
    会場:豊島区庁舎 としまセンタースクエア
    (東京メトロ有楽町線「東池袋駅」直結

    入場無料(予約優先)

    http://www.festival-tokyo.jp/15/program/symposium/

    =======================================================

    ■テーマ1『東京におけるアートフェスティバルの展望』
    10月30日(金)14:00-16:00
    ——————————————————-

    2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、
    東京の文化プログラムに大きな注目が集まる中、各地で開催
    されているアートフェスティバルの役割と、その可能性とは。
    フェスティバル・ディレクターや文化関係者をパネリストに
    迎え、今後のフェスティバルの役割と戦略、そのネットワー
    クの展望と可能性を議論する。

    パネリスト:
    加藤種男(公益社団法人企業メセナ協議会 専務理事)
    桃原慎一郎(東京都生活文化局次長)
    吉本光宏(ニッセイ基礎研究所研究理事)
    渡邉浩司(豊島区副区長)

    進行:市村作知雄
    (フェスティバル/トーキョー ディレクターズコミッティ代表)

    ——————————————————-

    ■テーマ2 『これからのアート』
    10月30日(金)19:00-21:00
    ——————————————————-

    アートがアーティストを中心とした創り手だけのものではなく
    なってきたことで、より一層、社会の中でアートが担う役割、
    求められる役割も大きくなりつつある。社会学的な見地とアー
    トの実践者の両方の観点から、その思想や問題意識、そして創
    作の最前線に迫る。

    パネリスト:
    毛利嘉孝(東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科准教授)
    長島 確(ドラマトゥルク)
    長津結一郎(NPO法人多様性と境界に関する対話と表現の研究所代表理事)
    羊屋白玉(「指輪ホテル」芸術監督。劇作家、演出家、俳優)

    進行:フェスティバル/トーキョー ディレクターズコミッティ

    ———————-

    【予約方法】

    入場は無料(予約優先)です。下記URLよりお申込ください。
    どちらか一方のみのご参加もお待ちしております。

    https://pro.form-mailer.jp/fms/004f71aa84989

    【お問合せ】
    フェスティバル/トーキョー実行委員会事務局
    TEL.03-5961-5202
    toiawase@festival-tokyo.jp

    http://www.festival-tokyo.jp/15/

トピックに返信するにはログインしてください。