間の表現力を伸ばすワークショップ ドイツの演出家と日本の舞踏家のコラボ

更新順 掲示板別 お知らせ掲示板 間の表現力を伸ばすワークショップ ドイツの演出家と日本の舞踏家のコラボ 

このトピックには 1 返信 、 1 ボイス が含まれます。 最終更新 by  @a_subterranean 1 月, 2 週 前.

  • 著者
    投稿
  • #2186

    @a_subterranean
    寄稿者

    「間」それが大事! 演技のレベルを上げていこう!
    ドイツの演出家と日本の舞踏家の魅力的なタッグ!

    現代演劇の演技はダイアローグが主体となります。それはヨーロッパを源とするリアリズムの演劇としては一般的です。日本の現代演劇もしかり。物語を立ち上げるには有効な演技でしょう。
    ですが、そのダイアローグを成立させるには、セリフや動きに隠れている「間」が重要となります。演技はロジカルな部分と同時に、身体性が求められます。
    今回は身体性を持つ、「間」を得意とする日本の舞踏家と、セリフの意義を追求するドイツの演出家がタッグを組んで、ワークショップを行います。俳優を始めたばかりの方から、もう一つ伸び悩んでいる方まで、あらゆる俳優に合ったワークショップです。未経験の方も歓迎します。
    ワークショップで創り上げた表現は、ショーイングとして、劇場でお客様に向けて発表します。

    間を体験する、間を創り出す、そんな表現をしてみませんか?

    講師/相良ゆみ(舞踏家)、佐藤音音(演出家、劇作家)

    4月17日(水)19時〜21時半
    4月18日(木)19時〜21時半
    4月19日(金)19時〜21時半
    4月20日(土)13時〜21時半
    4月21日(日)10時〜13時

    定員/12人

    参加料/10000円

    ショーイング
     4月21日(日)15時 ❇︎観覧料1000円
     会場/サブテレニアン

    《ワークショップ申し込み》
    メールタイトルを「WS申し込み」とし、1、名前(ふりがな)、2、年齢、3、所属団体・事務所(あれば)、4、芸歴、5、電話番号、6、メールアドレス、を明記の上、info@subterranean.jpに送信してください。サブテレニアンからの返信を持って、申し込み完了となります。
    応募締め切り4月14日(日)

    《ショーイング観覧のご希望の方》
    info@subterranean.jpまたは080-4205-1050に申し込みください。観覧料は1000円となります。

    《講師プロフィール》
    相良ゆみ(舞踏家)・・・東京都出身。ホワイトダイス(身体思考)主宰。NYを拠点として活躍するEiko&Komaとの出会いから、1988年、ダンスを本格的に始める。1995年より大野一雄舞踏研究所にて舞踏を学ぶ。2005年より及川廣信アルトー館にて、身体、舞踊、芸術について学ぶ。舞台芸術では、『個人的な経験』『人間の普遍』『社会の問題』をテーマにした舞台作品を発表。国内外にてソロ、群舞作品を発表『boundary』『それでも私は海を見つめていたい』(英.独.伊.韓)また、イベントなどでアーティストとのコラボレーションも多数行っている。演劇にも客演している。

    佐藤音音(演出家、劇作家)・・・日本生まれ、ドイツ育ち、ミュンヘン在住。ミュンヘン大学大学院修士課程卒業。卒業後、ミュンヘンで日独劇団EnGawaを旗揚げ、主宰としてドイツ・マルタ・日本で公演を行う。現在、フリードリヒ・アレクサンダー大学大学院修士課程在学。ドイツと日本を比較した演劇教育を研究中。2015年、ミュンヘン市文化交流省新人賞。2017年、マルタ国際演劇祭最優秀賞、準主役最優秀賞、準脚本賞。2017年、ミュンヘン演劇祭WortSchau2新人賞。2018年、ゲーテ・インスティテュート・ミュンヘン新人賞。

    • このトピックは編集されました 2 月, 2 週 前 by  @a_subterranean.

  • #2222

    @a_subterranean
    寄稿者

    単発のコースを作りました。

    20日(土)21日(日)2日間のみ 7000円(ショーイング含む)
    20日(土)1日のみ      5000円

    申し込みは info@subterranean.jp まで。

トピックに返信するにはログインしてください。